サンヨー連合健康保険組合

  • 小
  • 中
  • 大

よくある質問Q&A

医療費に関するQ&A

01.入院して多額の医療費がかかりました。高額療養費が請求できると聞きましたが、どの程度戻ってくるのですか。

保険適用できる医療費の自己負担額(定率)に対して、自己負担限度額(高額療養費の算定基準額)を超えた金額が高額療養費として支給されます。(差額ベット代など保険対象外の費用や入院時の食事代は対象外です。)当健保組合の場合は、自己負担額が40,000円(100円未満は切り捨て)を超える場合は付加給付を支給しています。従って、1人が1ヵ月に1病院の入院外来別にかかった医療費のうち、40,100円未満までは自己負担となり、それ以上かかった医療費は戻ってくることになります。(ただし、給付額が1,000円未満の場合不支給)
ただし70歳未満の方の入院については、事前に申請すると窓口での一部負担金等の支払いが、高額療養費の自己負担限度額まで(高額療養費を除いた額)の支払いとなり、窓口負担が軽減されます。(限度額適用認定証の申請)

高額療養費について 詳しいページへ

02.入院して多額の医療費を病院に支払いました。病院で「高額療養費の手続をして下さい。」と言われましたがどのようにすればいいのでしょうか。

申請していただく必要はありません。 高額療養費の請求は、被保険者の申請に基づき支給される「償還払い」が原則となっていますが、当健保組合は「自動払方式」が認められていますので、付加給付と併せて自動的に支給されるしくみになっています。高額療養費及び付加給付は、通常診療月の3~4カ月後に支給されます。高額療養費の支給と同時に「給付金支給決定通知書」がお手元に届きますので領収書等を照らし合わせてご確認下さい。 任意継続被保険者の方には、お届けしていただいている金融機関の口座に、月末 に振込まれます。
ただし70歳未満の方の受診については、事前に申請すると窓口での一部負担金等の支払いが、高額療養費の自己負担限度額までの支払いとなります。(限度額適用認定証の申請)

03.税務署で医療費控除を受けたいのですが、前年度の医療費がどれ位かかったのか教えて下さい。

毎年1月下旬頃に「年間医療費のお知らせ」を事業所経由にて送付していますので、ご確認ください。(任意継続者は、自宅宛へ送付します。)11月分、12月分の診療費は記載されませんので、ご自身で領収書を保管し申告下さい。

04.医療費通知書によると1年間の医療費の自己負担額が10万円を超えています。医療費通知書があれば、医療費控除による税金の還付申告ができるのですか。

医療費控除による税金の還付申告は、確定申告書を税務署に提出することにより行います。 その際、「医療費控除の明細書」を添付しますが、健保組合が発行する「医療費通知」がある場合は、一部記入を省略することができます。また、医療費通知は次の目的で実施していますので、ご理解ください。

  1. (1)医療費についての認識を喚起する
  2. (2)医療機関からの請求を確認する
  3. (3)医療費控除の税務申告をする際に、医療費の領収書を集めるための調査資料として、また、健康保険組合からの給付額についての証明書類として活用して貰う

ページトップへ