3.検診~便潜血検査~

便潜血検査

便潜血検査は科学的根拠に基づいた検診です。

大腸がんは適切な治療を受ければ治る確率の高いがんです。また早期に見つかった場合は、100%近く完治します。したがって、無症状の時期に発見すること がもっとも重要です。大腸がん検診の代表的なものは、便潜血検査でこの検査は便中の血液(肉眼では見えない)の有無を調べる検査です。 症状のない人に対して行い、食事を制限することなく、簡単に受けられます。
便潜血検査は、大腸がんの死亡率減少効果を示す充分な証拠(科学的根拠)があると、国が認めた検診です。現在では、大腸がんの約30%以上がこの検査をきっかけに発見されています。

40歳以上の方は年に1回便潜血検査を必ず受けるようにしましょう。

便潜血検査の方法

潜血検査は通常2日間にかけて便を採取します。一回でも陽性反応があれば、精密検査を行います。

便潜血検査の方法

SGホールディングスグループ健康保険組合でも40歳以上の被保険者を対象に無料で「郵送便潜血検査」を実施しています。
詳しくは「大腸がん検診」をご覧ください。


令和元年度 郵送大腸がん検診実績
自治体の受診率は41.4%
(2016年国立がん研究センターがん情報サービス)
事業所番号 事業所 対象者数 受診者数 受診率
1004 佐川印刷(株) 1,187 270 22.7%
1005 佐川アドバンス(株) 124 37 29.8%
1025 SGモータース(株) 558 153 27.4%
1043 SGホールディングスグループ健康保険組合 18 7 38.9%
1055 SGシステム(株) 1,227 316 25.8%
1084 SGホールディングス(株) 282 94 33.3%
1085 SGリアルティ(株) 84 25 29.8%
2101 佐川急便(株) 34,333 6,390 20.2%
2127 佐川グローバルロジスティクス(株) 2,814 537 19.1%
2149 SGムービング(株) 283 63 22.3%
2160 (株)ヌーヴェルゴルフ倶楽部 29 8 27.6%
2162 佐川フィナンシャル(株) 36 12 33.3%
2167 (株)ワールドサプライ 690 125 18.1%
2168 SGフィルダー(株) 6,318 734 11.6%
2169 SGエキスパート(株) 287 94 32.8%
2171 SGアセットマックス(株) 11 6 54.5%
合計 48,472 9,476 19.5%

欧米等の先進諸国においては便潜血検査の受診率は60%を超えています。
日本の受診率は20%以下であり、先進国に比べて極端に低いのが問題です。

ページトップへ