大腸がん検診

郵送大腸がん検診



35歳以上の健保加入の従業員(被保険者)。ただし、任意継続の方は対象外になります。
  • 令和2年度35歳以上に該当するのは、昭和61年3月31日以前生まれの方になります。
  • 令和2年9月30日に健保に在籍され、かつ申込み時に在籍されている方。



11月~翌1月末日 ※対象者のご自宅へ案内を送付いたします。



11月~翌2月末



自己負担なし。



  1. 11月初旬に届く「大腸がん検診のご案内」の中のハガキ「大腸がん検診申込書」に必要事項を記入してそのままポストへ投函してください。(切手不要)
  2. 申込が受け付けられると、1ヵ月前後で自宅に器具2本が送られてきます。
  3. 1日1本、2日分の便を採取します。(採取した便は発送するまでは冷暗所(冷蔵庫 等)に保存してください。また、2日連続して便が採取できない場合は、1週間以内に2本目を採取してください。
  4. 2本、2日分採取できた検体を封筒に入れてポストにそのまま投函してください。(切手不要)
  5. 約3週間程度で個人宛に検査結果が送られてきます。



  1. 申込ハガキは、説明をよく読んで記入もれのないようにしてください。
  2. 採取した便は採取後10日経つと検査できません。採取後はすみやかに返送してください。
  3. 検査前の食事制限は不要です。
  4. ポリープを取った、歯石を取った、抜歯して出血が多かった等、出血原因の明らかな時には、その後2~3日は便の採取を控えるようにしてください。(陽性の結果が出る場合があります。)
※申込をされた場合は必ず検査をするようにお願いします。





  1. 結果のお知らせは委託業者から直接お送りします。
  2. さらに詳しい検査の必要な方に対しては、要精密検査のお知らせ(二次検査結果報告書)をお送りします。
※便潜血反応が陽性だからといって、すぐにがんが疑われるものではありませんが、必ず受診して医師の指示をお受けください。



  • 西日本(新潟・長野・静岡より西)
    メスプ細胞検査研究所
    〒604-0827
    京都府京都市中京区高倉通二条下ル瓦町550 メスプビル2F
    075-231-2230
  • 東日本(山形・福島・栃木・山梨より東)
    日本リーダーズ協会
    〒162-0825
    東京都新宿区神楽坂1丁目9番地 黒川ビル
    03-3260-6371

大腸検診で発見される病気

  • 直腸がん
  • 結腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性疾患やその他の原因からの上下部消化管出血 等
食生活の欧米化(脂肪分が多く繊維が少ない)等によって、大腸がんは、増え続けています。
2019年の予測がん罹患数は、男性は1)大腸 2)胃 3)肺、女性は1)乳房 2)大腸 3)胃と予測されています。(がん情報サービス 2019年のがん統計予測より)症状のない時から毎年大腸がん検診を受けて、皆さんの大切な生命を大腸がんから守りましょう!

昨年度までの受診状況

※平成29年度から、対象者年齢を35歳以上に引下げました。

年度 対象者(案内) 受診者 受診率
H22 19,634(人) 3,805 (人) 19.4%
H23 22,051(人) 4,733(人) 21.5%
H24 23,735(人) 4,778(人) 20.1%
H25 24,240(人) 2,476(人) 10.2%
H26 26,070(人) 5,410(人) 20.8%
H27 27,865(人) 6,133(人) 22.0%
H28 29,861(人) 7,007(人) 23.5%
H29 42,161(人) 9,599(人) 22.8%
H30 45,051(人) 9,367(人) 20.8%
R1 48,472(人) 9,476(人) 19.5%

ページトップへ