みんなの保険証

みんなの保険証 健康保険に加入すると「健康保険被保険者証」(保険証)が交付されます。
病気やケガで診療をうけるときにこの保険証を持参すれば、医療費の一部を負担するだけで必要な医療が受けられます。 他人に貸したり不当に使用することは禁止されていますので、大切に保管してください。

ポイント
  • 受診の際には必ず持参
    保険医療機関等にかかるときは、窓口に提出してください。
  • 貸し借りは厳禁
    保険証の貸し借りをすると、違法行為として罰せられます。
  • 必ず住所を記入
    保険証の裏面には住所を記入してください。
  • 仕事中や通勤途中のケガには使えません
    仕事中や通勤途中のケガは、健康保険ではなく労災保険で受診してください。

保険証の記載内容

保険証は記載内容をよく確認し、記載に誤りがある場合はすみやかに健康保険組合へ申し出てください。

住所欄には自筆で住所を記入してください。 なお住所変更があった場合は備考欄に変更後の住所を記入し、変更前住所は=線(二重線)で消去してください。

臓器提供に関する意思表示

保険証の裏面には臓器提供意思表示欄を設けています。記入については任意です。記入を義務付けるものではありません。

記入された内容は、保護シールを貼り目隠しをすることができます。保護シールが必要な場合は、事業所の社会保険担当にお問合せください。

臓器提供について、詳しくは社団法人日本臓器移植ネットワークHPをご覧ください。

保険証にまつわる各種手続き

保険証をなくした、またはき損したとき

ただちに届け出てください。
※外出時に失くした場合は必ず最寄りの警察署や交番に届け出てください。

詳しい手続き方法は 保険証をなくしたときをご覧ください。

マイナンバーカードが健康保険証として使えます


関連リンク
家族が増えたとき
家族が減ったとき
退職したとき