サンヨー連合健康保険組合

  • 小
  • 中
  • 大

こんなときどうするの?

マイナンバーの収集について

健康保険組合では、平成29年1月以降、マイナンバーを使用した業務を行うため、健保加入者(被保険者・被扶養者)のマイナンバーを取得することとされています。
当健保組合においても、これまで事業所経由で(任意継続被保険者は直接)皆さまからマイナンバーを取得してきましたが、今後は以下の通り取得していく予定です。
皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

当健保組合の既加入者(被保険者・被扶養者)でマイナンバー未提出の方

「番号法」(※)第十四条に基づき、J-LIS(地方公共団体情報システム機構)から住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)で取得します。

マイナンバーが変更となった方

マイナンバーが変更となった場合は、速やかに当健保組合にご連絡ください。

平成29年1月1日以降の健保新規加入者(被保険者・被扶養者)

被保険者、被扶養者の資格取得手続きにあたり、届出書類にマイナンバーの記載が必要です。
記入書式につきましては事業所の健保担当にお尋ねください。

(※) 行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(通称番号法)

第十四条(提供の要求)

個人番号利用事務等実施者は、個人番号利用事務等を処理するために必要があるときは、本人又は他の個人番号利用事務等実施者に対し個人番号の提供を求めることができる。
2個人番号利用事務実施者(政令で定めるものに限る。第十九条第四号において同じ。)は、個人番号利用事務を処理するために必要があるときは、住民基本台帳法第三十条の九から第三十条の十二までの規定により、機構に対し機構保存本人確認情報(同法第三十の九に規定する機構保存本人確認情報をいう。第十九条第四号及び第六十七条において同じ。)の提供を求めることができる

関連ページ

マイナンバー制度について

ページトップへ