特定健診・特定保健指導

40歳以上の加入者を対象に特定健診・特定保健指導の義務化

40歳から74歳のすべての被保険者・被扶養者を対象に「特定健診・特定保健指導」が実施されます。健診項目に腹囲の計測が新たに加わるなど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善が大きな目的です。受診者によっては、特定健診の結果に基づき、必要度に応じた保健指導が行われることになります。

特定健診(特定健康診査)とは?

 従来の健康診断は生活習慣病やがん等の早期発見・早期治療等を重視して実施してきましたが、平成20年4月からはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)該当者及び予備群を減少させることを目的として実施いたします。そのため該当者と予備群の方に対しては特定保健指導(積極的支援、動機付け支援)を行います。特定健診は保健指導の対象者となるかどうかを判断するための健診で、健診項目は表1のとおりです。

  • 特定健診項目
  • メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積により、高血糖、脂質異常症(高中性脂肪または低HDLコレステロール血症)、高血圧などの動脈硬化の危険因子が、一個人に集積している状態をいいます。

現在、高血圧、脂質異常症、糖尿病で医師の処方する薬を飲んでいる方は、健康保険組合による特定保健指導の対象となりません。

特定保健指導とは?

特定保健指導では、対象者が健診結果から自らの健康状態を正しく理解し、生活習慣改善のための行動目標を自ら設定・実施できるよう、医師、保健師等による個々人の特性やリスクに応じた支援が為されます。
特定保健指導対象者の選定方法により「動機付け支援」「積極的支援」に該当した方に対し実施されます。(表2参照)

動機付け支援 個別面接またはグループ支援を原則1回行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り行動目標を立て行動に移し、その生活が継続できることを目指した支援。6ヶ月後に通信等(電話・eメール・ファックス・手紙等)を利用して評価を行います。
積極的支援 動機付け支援に加え、3ヶ月以上の定期的・継続的な支援(電話・eメール・ファックス・手紙等を利用)を行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り行動目標を立て行動に移し、その生活が継続できることを目指した支援。6ヶ月後に通信等を利用して評価を行います。

特定健診・特定保健指導実施のながれ

被保険者の方は、事業所で実施する定期健康診断の中で特定健診を実施し、健診結果に基づき特定保健指導を行います。
被扶養者の方は、健康保険組合より送付する「特定健診受診券」を利用して、特定健診を実施します。また健診結果により健康保険組合から特定保健指導の案内をします。
被扶養者の方の特定健診・特定保健指導の実施詳細については本年6月頃ご案内させて頂きます。

タバコのリスク

メタボリックシンドロームの人がタバコを吸うと、心疾患のリスクが高まり非常に危険です!

タバコに含まれる有害物質は、血液中の遊離脂肪酸を増やし、内臓脂肪を増加させる働きがあります。また、たばこの有害物質は動脈硬化を進行させ、メタボリックシンドロームを進行させ、虚血性心疾患や脳卒中を引き起こす要因となります。
メタボの解消には、内臓脂肪を減らすことが第一ですが、禁煙習慣のある人は、まず禁煙から始めましょう!