4.インフルエンザにかかってしまったら

①おかしいなと思ったときの対応

高い熱(38.5℃以上)でない場合、また下痢等の症状がない場合は一般の風邪と同じ対応で良いと思われます。安静を中心とし、水分や栄養を十分にとりましょう。

高い熱(38.5℃以上)を認めた場合は、 発症後48時間以内であれば抗インフルエンザ薬(タミフルやリレンザ等)の効果(インフルエンザウイルスの増殖を抑える)が期待できます。ただし、発症後すぐに受診しても検査で陽性に出ない場合がありますので、6時間以上経過した時点で受診される事をお勧めします。

また、一般的な風邪と違いインフルエンザは咳等で空気中に飛び散ったウイルスからも感染します。感染力が強いので、感染に気付かずに出社したり学校に行くと感染を広げる事になります。

疑わしい症状のある時は、必ず受診しましょう。
(服薬中あるいはインフルエンザによる異常行動が社会問題となっています。10歳以上の未成年者がインフルエンザと診断された場合、抗インフルエンザ薬使用の有無にかかわらず、最低2日間は一人にならないよう保護者等の見守りが必要です。)

※なお、現在問題となっている「新型インフルエンザ」については、厚生労働省からの指示に従ってください。

②十分な休養をとる

インフルエンザと診断されたら、安静にして十分な休養をとりましょう。体の中ではインフルエンザウイルスを倒すため、体中の免疫機能をフル活動させていま すので、その活動に集中できるよう他の活動は可能な限り避けてください。できれば熱が下がるまで、必要最小限の活動(トイレや食事)以外は寝ている事が望 ましいです。

③高熱への対処

出来る限り解熱剤の使用は避けたいのですが、高熱(38.5分以上)が続いて食事や水分が十分に取れない場合は脱水の危険も出てきますし、体力が必要以上に奪われ抵抗力が落ちてしまいます。このような場合は、医師に処方された解熱剤を使うようにしましょう。市販の解熱剤を使用される際には、必ず医師または薬剤師にご相談ください。

薬を使う以外の方法として、クーリングがあります。脇の下や足の付け根には太い動脈が通っていますので、その部分を保冷剤や氷水等で冷やすと解熱効果が期待できます。

ただし、むやみに熱を下げようと思わないでください。熱を下げる事で体内にウイルスが生き残り、治るまでに時間がかかる場合があります。

④水分・栄養分の補給

熱が高い場合、いつもより多くの水分が体の外に出てしまいますので、こまめな水分補給が必要です。その際、糖分の摂りすぎには少し注意してください。また、お茶やお水だけでは体に必要なミネラル分が摂れませんので、イオン飲料や経口補水液等が良いでしょう。

食事は、食べられる時に食べられる物を口にするようにしましょう。口当たりの良いゼリーやアイスクリーム、うどんやお粥等、食べやすいものならなんでも構いません。無理をする必要はありませんが、体力を落とさないためにも出来る範囲で食事を摂るようにしてください。

どうしても口から水分や栄養分が補給できない場合は、医療機関で点滴を受ける事も考えられます。特に乳幼児や高齢者の場合は脱水を起こしやすいので、半日以上何も口に出来ない、あるいは口にしても吐いたり下痢をしている場合は、すぐに受診するようにしましょう。

⑤室内の保温・保湿

インフルエンザウイルスは低温・低湿度の条件で、増えていきます。このため、出来るだけ室温を20~25℃、湿度を50~60%程度に保つようにしましょう。1~2時間に1回程度は換気する事も大切です。口の中やノドの乾燥を防ぐためには、マスクが効果的です。

⑥外出を控える

個人差はありますが、発症後3~7日間はウイルスを排出していると言われています。このため、熱が下がったからといってすぐに人の集まる場所に行くと、その人が感染源となって新たな感染を起こしてしまいます。最低でも解熱後2日間は自宅で様子を見て、その後外出する際にはマスクをして他人にうつさないよう気をつけましょう。

ページトップへ