特定健診(パターン3)

特定健診

特定健診とは、40歳~74歳の被保険者および被扶養者を対象として、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善を目的とする健診のことで、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき2008年4月から実施しています。

健診内容は、内臓脂肪蓄積のレベルを計るため「腹囲」を計測し、高血糖、高血圧、脂質異常(高脂血症)のリスクがどの程度あるかを確認します。
具体的な検査項目は「検査項目一覧」を参照してください。

特定健診・特定保健指導

特定健診を受診する場合は、健康保険組合が発行した受診券と保険証を医療機関窓口に提示する必要があります。