医療費を立替払いしたとき(療養費)

立替払いをしたとき 次のような場合は、本人が診療にかかった費用を一時立て替えて支払っておいて、あとで健康保険組合に請求し、払い戻しを受けることになります。このような給付を療養費といいます。

療養費

  • やむをえない理由により、保険証を提示できなかったとき
  • 当組合加入後に他健保等の保険証を提示して医療を受けたとき
  • コルセット、ギプス、義眼代等
  • 海外で受診したとき
  • 輸血の生血代
  • はり・きゅう、あんま・マッサージ・指圧代(医師の同意を得たとき)
  • 四肢のリンパ浮腫治療のために弾性着衣等を購入したとき
  • 9歳未満の小児弱視等の治療で眼鏡やコンタクトレンズを作成したとき

払い戻し療養費の負担割合

義務教育就学前 義務教育就学後~69歳 70歳以上75歳未満
払い戻し療養費
(健康保険組合負担)
8割 本人・家族ともに7割 現役並み所得者 7割
一般(上記以外) 8割

急病などで保険証を持たずに受診したとき

旅先で急病になったり、不慮の事故やケガなどで保険証を持たずに医療機関で受診したときは、一旦医療費の全額を自分で支払い、あとで健康保険組合に申請をして、払い戻しを受けることになります。

提出書類 用紙 記入例 添付書類
療養費支給申請書
  • 領収書(原本)
  • 診療内容の明細書(原本)

請求書提出締切日と支払日

当組合加入後に他健保等の保険証を提示して受診したとき

当組合加入後に、以前加入していた健保組合等の保険証を提示して受診した場合、前健保組合に対し診療に要した医療費等を返還した後、当組合に申請をして、払い戻しを受けることができます。

提出書類 用紙 記入例 添付書類
療養費支給申請書 前健保組合等から受け取った
  • 領収書(原本)
  • 診療報酬明細書
診療報酬明細書が入った封筒は、開封せずそのまま添付してください。

治療用装具(コルセット・義手・義足・義眼など)を購入・装着したとき

医師の指示により、コルセットなどの治療用装具・義手・義足・義眼等を購入・装着したとき、基準料金に一部負担割合を乗じて差し引いた額を療養費として払い戻しを受けることができます。

提出書類 用紙 記入例 添付書類
療養費支給申請書
  • 領収書とその明細がわかるもの(原本)
  • 医師証明書(原本)
  • 装具写真(靴型装具のみ)
治療用装具(靴型装具)写真添付台紙

請求書提出締切日と支払日

添付書類についての注意事項

1)領収書について

治療用装具の領収書について、次の事項が記載されていることが必要です。

  • 料金明細(内訳別に名称、採型区分・種類等、価格を記載)
  • オーダーメイドまたは既製品の別(既製品の場合、製品名を含む)
  • 治療用装具を取り扱った義肢装具士の氏名

2)証明書について

保険医療機関が交付する証明書について、次の事項が記載されていることが必要です。

  • 患者の氏名、生年月日および傷病名
  • 保険医療機関の名称および所在地ならびに診察した保険医の氏名
  • 保険医が疾病または負傷の治療上、治療用装具が必要であると認めた年月日
  • 保険医が義肢装具士に製作等を指示した治療用装具の名称
  • 保険医が治療用装具の装着(適合)を確認した年月日

海外で受診したとき

海外で受診したとき 海外出張や旅行中に急な病気やけがなどにより、やむを得ず現地の病院に受診したとき、一旦医療費の全額を支払い、後日申請をすることにより療養費として払い戻しを受けることができます。ただし、業務上の病気やケガは除きます。また、治療を目的として海外に出向いた場合も対象外です。
ただし療養費として支給される金額は、現地病院での支払い額の7割(義務教育就学前は8割)が戻る訳ではありません。日本と海外での医療体制や治療方法等が異なるため、海外の医療機関で発行された診療内容明細書や領収明細書に基づいて国内の保険での治療費を基準とした額が、後日療養費として支給されることになります。

提出書類 用紙 記入例 添付書類
海外療養費支給申請書
  • 治療費の領収書(原本)
  • 旅券、航空券その他の海外に渡航した事実が確認できる書類の写し
  • 必要(外傷性の傷病)に応じて傷病原因届
診療内容明細書(様式A)
診療内容明細書(翻訳文 様式A’)
領収明細書(様式B)
領収明細書(翻訳文 様式B’)
歯科診療内容明細書
調査に関わる同意書(日本語と英語の両方とも記述が必要)
社会保険用国際疾病分類表

請求書提出締切日と支払日


生血液の輸血を受けたとき

病院を通じて生血液の輸血を受けたとき、基準料金に一部負担割合を乗じて差し引いた額を療養費として払い戻しを受けることができます。ただし、親子・夫婦・兄弟等の親族から血液を提供されたときは対象外となります。

提出書類 用紙 記入例 添付書類
療養費支給申請書
  • 輸血証明書(原本)
  • 領収書(原本)

請求書提出締切日と支払日


小児弱視等で治療用眼鏡を作成・購入したとき

9歳未満の小児が治療用の眼鏡やコンタクトレンズを作成・購入した場合、上限の範囲内で一部負担割合を乗じて差し引いた額を療養費として払い戻しを受けることができます。

医師が必要と認め、はり・きゅう、あんま・マッサージ・指圧などを受けたとき

医師が必要と認め同意を得た上で、治療手段のない神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・腰痛症・頚椎捻挫後遺症の6疾患等について施術を受けたとき、基準料金に一部負担割合を乗じて差し引いた額を療養費として払い戻しを受けることができます。