傷病手当金病気やケガで仕事を休んだとき

病気やケガで仕事を休んだとき 被保険者が業務外の病気やケガで仕事を休み、給与がもらえなかったとき、 傷病手当金が1年6ヵ月の範囲で支給されます。

傷病手当金

支給される金額(1日あたり)

  • ●被保険者期間1年以上の人
    支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の各標準報酬月額を平均した額÷30日(10円未満四捨五入)…①
  • ●被保険者期間が1年未満の人
    次のいずれか少ない額(いずれも10円未満四捨五入)…②
    ・支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の各標準報酬月額を平均した額÷30日
    ・JADECOMけんぽの平均標準報酬月額÷30に相当する額

支給される金額(1日あたり)=[上記①または②の額] × 2/3(円未満四捨五入)

支給を受けられる条件

●療養のための休業であること

業務外の事由による病気やケガで仕事につけず療養していること。 自宅療養の期間についても支給対象となります。

●休業した期間について給与の支払いがないこと

給与等が支払われている間は、傷病手当金は支給されません。

●連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

療養のため仕事を休んだ日から連続して3日間(待期期間)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。待期期間には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれます。

傷病手当金

支給される期間

傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から通算して1年6ヵ月です。支給開始後通算して1年6ヵ月を超えた場合は、仕事に就くことができない場合であっても、傷病手当金は支給されません。

その他注意事項

  • ●出産手当金と傷病手当金を同時に受けられるようになったときは、出産手当金の支給が優先されます。 ただし、出産手当金の額が傷病手当金の額より少ないときは、その差額が支給されます。
  • ●障害厚生年金、労災保険の休業補償給付、老齢厚生年金(退職後受給の場合)等を受給されている方は傷病手当金は支給されません。ただし、受給額が傷病手当金等の額を下回るときは、その差額が支給されます。また(退職後受給の場合)請求期間に雇用保険を申請または受給されている場合、傷病手当金の併給はできません。詳しくは健康保険組合にお問合せください。

手続き方法

提出書類 様式 備考
傷病手当金支給申請書
[様式11]
  • ●1ヵ月毎に請求してください。
  • ●請求書の所定欄に「医師の意見」と「事業主の証明」が必要です。
事業主証明書
[様式10-2]
事務担当者の皆様へ
傷病手当金の申請期間が在職中にかかる場合は、本様式に当該期間中の勤務状況及び報酬の有無を証明の上、申請書本紙に追加添付してJADECOMけんぽに提出してください。