保健・福祉のページ

【35歳以上の被保険者】生活習慣病予防健診・追加検査
<㈱イーウェル委託>

健保組合は、35歳以上の被保険者の生活習慣病予防健診費用・追加検査費用の一部を補助します。
健保組合以外の補助(例 地方自治体等)を受けられる場合は健保組合の補助は利用できません。

  1. 令和3年度より、乳がん・子宮頸がんの補助を新設しました。
    詳細はこちらをご確認ください。
  2. 令和5年度より、補助内容の一部を変更しました。
    詳細はこちらをご確認ください。

対象者

35歳以上の被保険者

※健診実施年度内誕生日時点の年齢

例) 平成28年度健診の場合
35歳=昭和56年4月1日~昭和57年3月31日生まれの方

補助回数

年度内に、1回

補助額及び補助対象範囲

  検査項目 補助額 補助対象範囲
生活習慣病予防健診 クリック 費用相当の62%
※残額は事業所補助
35歳以上
+
追加検査 検査項目 補助額 補助対象範囲
乳がん検診 問診、視診、触診
①マンモグラフィ(1方向または2方向)
②超音波検査
※①②両方受診の場合は①を補助
費用総額の70%
(上限額8,449円)
※残額は受診者負担
35歳以上
子宮頸がん検診 問診、細胞診 費用総額の70%
(上限額9,037円)
※残額は受診者負担
35歳以上
肝炎ウイルス検査 HCV抗体検査、HBs抗原検査 費用総額の70%
(上限額8,628円/セット受診)
※残額は受診者負担
35歳以上
  1. 注1)補助額は、消費税込の金額です。
  2. 注2)検査項目は、健診機関によって異なる場合があります。
  3. 注3)上表の検査項目以外の検査に対して、健保組合の補助はありません。

実施方法

ミウラグループは、令和5年度より、35歳以上の被保険者の健診実施を㈱イーウェルへ業務委託しています。
詳細は、毎年2月頃、ミウラグループ担当部門発行の業務連絡をご確認ください。