会社を辞めた後の任意継続

会社を辞めた後の任意継続 被保険者が退職すると、その翌日に被保険者としての資格を失います。
引き続き当健康保険組合の被保険者として継続加入することを希望すれば 資格を喪失した日から最長2年間任意継続被保険者として被保険者になることができます。
任意継続被保険者となった方は、引き続き健康保険の各種制度の給付が受けられます。

会社を辞めた後の任意継続

ポイント
  • 退職前2ヵ月以上被保険者であった人は引きつづき2年間加入できます
  • 退職前とほぼ変わらない保険給付および保健事業の補助等を受けることができます

任意継続被保険者の加入要件

資格喪失の日の前日(退職日)まで継続して2カ月以上被保険者であったこと

保険給付等

任意継続被保険者・被扶養者となった方は、在職時と同様に引き続き各種制度の給付が受けられます。

【注意】
傷病手当金・出産手当金については支給されません。
ただし、任意継続資格取得前の一般被保険者であるときに支給事由が発生した場合、 受給要件を満たしていれば支給されます。

手続き

任意継続の新しい記号・番号の保険証が発行されますので、在職時にお使いの保険証は退職時に返納してください。

提出書類 用紙 記入例 注意事項
「資格喪失後の医療保険確認書」(兼)
「任意継続被保険者資格取得申請書」
提出期限にご注意ください!

提出期限

  • ●資格喪失後の医療保険確認書 : 退職月の前月末日までに提出
  • ●任意継続被保険者資格取得申請書 : 退職した翌日から20日以内に提出

保険料

任意継続被保険者の保険料は、事業主負担がなくなりますので、 全額自己負担となります。
保険料の基準は退職時の標準報酬月額か、前年度9月30日現在の当健康保険組合の平均標準報酬月額のどちらか低い方の額に保険料率をかけて算定された金額を納めることになります。また40歳以上65歳未満の人は介護保険料も全額負担します。

保険料の納付

保険料は原則として取得月の10日(銀行が休業日の場合は翌営業日)までに納付しなければなりません。 納付についての詳細は加入時にお知らせします。期日までに納付がなければ、被保険者資格を喪失することとなります。

その他の手続き

保険料引落銀行口座の変更があったときは、健康保険組合に届出てください。

提出書類 用紙 記入例 注意事項
振込口座登録・変更依頼届

就職等で別の健康保険等に加入した場合は、任意継続の資格喪失の手続きが必要です。

提出書類 用紙 記入例 注意事項
任意継続被保険者資格喪失申出書

資格がなくなるとき

  • (1)任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
  • (2)再就職をして他の医療保険の被保険者となったとき
  • (3)任意継続被保険者が死亡したとき
  • (4)保険料を期限までに納めなかったとき
  • (5)後期高齢者医療制度の被保険者となったとき
  • (6)任意継続被保険者本人が脱退を希望したとき(令和4年1月より追加)

(6)の申し出は令和4年1月1日以降からです。
健保が申出書を受理した日の翌月1日が喪失日となりますので、最短で2月1日の喪失となります。