育児休業を取得する

3歳未満の子を養育する被保険者(本人)が、育児休業を取得するとき事業主が「健康保険育児休業取得者申出書」を提出することで、この期間内の保険料が本人、事業主ともに免除となります。

育児休業期間

出産後、子の3歳の誕生日前日まで。
※被保険者が女性の場合は産後休業期間(産後8週間(56日)まで)は、育児休業に該当しません。

保険料免除期間

育児休業等を開始した月から育児休業等が終了する日の翌日が属する月の前月まで。
(育児休業等の終了日が月の末日の場合は、育児休業等終了月まで)
但し、保険料免除となるのは、育児・介護休業法に基づく育児休業等期間に限られます。

手続き

育児休業期間中の保険料免除を受けるとき(一般・延長)

被保険者からの育児休業等取得の申出に基づき、事業主が必要書類を当健保に提出します。

通常の申請

保険料免除の期間は以下4つの区分があります。それぞれの区分ごとに申出が必要となりますので、その都度、事業主が必要書類を当健保に提出します。

A 養育する子が1歳に達する日までの「育児休業」
B 子が1歳から1歳6ヵ月に達する日までの「育児休業」
C 子が1歳6ヵ月から2歳に達する日までの「育児休業」
D 子が1歳(Bの休業の申出をした場合は1歳6ヵ月、Cの休業の申出をした場合は2歳)から3歳に達する日までの「育児休業の制度に準ずる措置による休業」

※B,Cの育児休業は子が1歳(Bの場合)または1歳6ヵ月(Cの場合)に達する日において本人または配偶者が育児休業中で、かつ保育所に入れない等、1歳(Bの場合)または1歳6ヵ月
(Cの場合)を超えても休業が特に必要と認められる場合に本人の申出により認められます。

A→B→C→D
通常の申請(A>B>C>D)
A→D
通常の申請(A>D)

延長の申請

各休業期間内(上記A~D)で終了予定日を延長する場合は、延長申請が必要です。

前の申出より延長することになった場合の休業終了予定日は、前の申請がAの場合は1歳に達するまで、前の申請がBの場合は1歳6ヵ月に達するまで、前の申請がCの場合は2歳に達するまで、前の申請がDの場合は3歳に達する日をそれぞれ限度とします。
延長は、事業主が必要と認めた場合には何度でも可能ですが、1回の申請はそれぞれ1歳、1歳6ヵ月、2歳、3歳に達する日までが限度です。

提出書類

育児休業取得者申出書
書類提出先

SCSK健康保険組合(事業主が提出)

提出期間

該当する育児休業等期間中(該当する育児休業等を開始した日以降)
※延長申請の場合は、延長前の育児休業等期間終了後、延長後の終了予定日まで

予定より早く育児休業を終了するとき

提出書類

育児休業取得者終了届
書類提出先

SCSK健康保険組合(事業主が提出)

提出期間

速やかに

※育児休業終了予定日に育児休業等を終了した場合には、提出の必要はありません。

育児休業終了後に標準報酬に変更があったとき

育児休業終了日の翌日の属する月以降3ヵ月間の報酬の平均を報酬月額として算出された標準報酬月額が休業時点の標準報酬月額と1等級以上の差が生じた場合に、標準報酬月額の改定を申し出ることができます。
被保険者が事業主経由で必要書類を当健保に提出します。

提出書類

育児休業終了時報酬月額変更届
書類提出先

事業所の健保担当者

提出期間

速やかに

申請用紙・記入例
ADOBE READER

一部のコンテンツをご覧いただくためには、 Adobe Acrobat Readerが必要です。

ページトップへ