健康保険に加入すると「健康保険被保険者証」(保険証)が交付されます。 これは、健康保険に加入していることを示す身分証明書になります。 病気、ケガで診療をうけるときに保険証を持参すれば一部を負担するだけで、必要な医療が受けられます。
つまり保険証は身分証明書であると同時に金券同様の役割をしますので、大切に保管してください。 他人に貸したり、不当に使用することは、厳重に禁止されています。

転籍等により、保険証の記号・番号が変わる場合があります。
初診はもちろん、現在かかっている医療機関にも、月に一度は必ず保険証を窓口に提示してください。
提示をしなかった場合は給付金の支給が遅れる原因になることもありますので、くれぐれもご注意願います。

保険証にまつわる各種手続き方法

保険証をなくした

ただちに

「被保険者証 滅失・毀損届PDF」を提出

※なくした時は必ず警察に届出

保険証が破損したとき

ただちに

「被保険者証 滅失・毀損届PDF」に元の保険証を添えて提出

扶養家族に異動があったとき

5日以内に

「健康保険被扶養者届PDF」のほか、各種添付書類を添えて提出

家族が増えた・減った

被保険者や被扶養者の氏名に
変更訂正があったとき

ただちに

「氏名 訂正・変更届PDF」に保険証を添えて提出

被保険者の資格を喪失したとき

ただちに

保険証を返納(任意継続を申請する方は後日返納)。
資格喪失後に当健保の保険証を使用すると全額自己負担になります。

注意

書類や保険証は必ず各事業所の健保担当者を通して提出してください。
任意継続被保険者の方は直接、当健保までお問い合わせください。

ページトップへ