令和4年から健康保険制度が変わります

健康保険法等の一部を改正する法律が公布され、令和4年1月より順次施行されますので、その内容についてお知らせいたします。

傷病手当金の支給期間の通算化(令和4年1月から)

同一のケガや病気に関する傷病手当金の支給期間について、支給を始めた日から通算して1年6カ月に達するまで支給を受けられるようになります。

傷病手当金の支給期間の通算化(令和4年1月から)
病気やケガで働けない

任意継続被保険者制度の変更(令和4年1月から)

被保険者からの申請による資格喪失が可能に

任意継続の脱退について、被保険者本人の意思に基づき申請すればいつでも任意継続を辞めることができます。

資格の喪失について

次に該当したときは、任意継続の資格を失います。

  • 加入をして2年を経過したとき
  • 死亡したとき
  • 保険料を納付期限までに納付しなかったとき
  • 再就職して他の健康保険や共済組合などの被保険者となったとき
  • 後期高齢者医療制度に加入したとき
  • 上記の喪失を除き、被保険者から申し出があったとき(喪失日は申出月の翌月1日)
退職後の任意継続被保険者制度

育児休業期間中の保険料免除要件の見直し(令和4年10月から)

短期の育児休業の取得について、月末時点で育休を取得している場合に当月の保険料が免除される対象でしたが、 月末時点で復職していても、その月内に通算14日以上の育休を取得した場合は、当月の保険料が免除されることとなりました。

短期間の育休の場合

また賞与保険料は、1ヵ月を超えて育休を取得している場合に限り、免除対象となります。

妊娠・出産・育児のために休業する

ページトップへ