これまでの発信文書

発信文書/発信No.SCSK健康保険組合/SCSK健発第89号

2022年4月28日

被保険者 各位

SCSK健康保険組合

乳がん検診と新型コロナワクチン接種の間隔について

 2022年2月1日より2022年度の健康診断の予約が開始しておりますが、新型コロナワクチンの接種後の副反応として、接種した側の脇や首などのリンパ節が腫れることがございます。ワクチンによるリンパ節の腫れは一時的なもので、乳がんによって起こりうるリンパ節の腫れとは異なるものです。リンパ節が腫れている原因について誤った判定がされないよう、日本乳癌検診学会は乳がん検診をワクチン接種前に受けるか、少なくとも6~10週間の間隔をおいてから施行することが望ましいとしています。乳がん検診と新型コロナワクチン接種の間隔について、ご留意いただきますようお願いいたします。


■厚生労働省
新型コロナワクチンについて
Qワクチン接種後に脇のリンパ節が腫れました。注意すべきことはありますか。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0091.htm


<本件に関するお問い合わせ>
SCSK健康保険組合 保健事業担当
TEL:03-5166-1300  Mail:kenkou-kanri.sp@scsk.jp

以上

関連リンク

ページトップへ