マイナンバー(個人番号)制度について

マイナンバー制度とは?

マイナンバーとは行政を効率化し国民の利便性を高め公平公正な社会を実現する社会基盤です。住民票を有する全ての方に1人1つの番号をお知らせして、行政の効率化、国民の利便性を高める制度です。

くわしくは内閣府のHPをご確認ください

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)

健康保険組合はマイナンバーを取扱うことができる「個人番号利用事務実施者」です

「個人番号利用事務実施者」とは、マイナンバーを使って、番号法で定める行政事務を処理することができる国の行政機関、地方公共団体、独立行政法人などのことです。「個人番号利用事務実施者」として、その事務の範囲内でマイナンバーを使用いたします。

オンライン資格確認の本格運用が2021年10月20日から始まりました

オンライン資格確認は、オンラインで資格確認ができるシステムを導入した医療機関・薬局において、マイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号番号等により、オンラインで健康保険資格の有無等を確認することをいいます。

詳しくは、下記厚生労働省のホームページをご覧ください。
オンライン資格確認の導入について

オンラインで資格確認ができるシステムを導入した医療機関・薬局を利用するとき、受付でマイナンバーカードをかざすだけで健康保険証として利用できるようになります。
マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、申込が必要です。利用の申込は、マイナポータルでできます。

マイナポータルとは、政府が運営するオンラインサービスです。
子育てや介護をはじめとする行政手続きの検索やオンライン申請がワンストップでできたり、行政機関からのお知らせを受け取れたり自分専用のサイトです。

※現在の保険証が使えなくなるわけではありません。マイナンバーカードに保険証の機能をもたせる仕組みです。現在使用中の健康保険証も紛失しないよう、必ず保管しておいてください。

※マイナンバーカードの健康保険証利用に対応する医療機関

ページトップへ