けんぽくん
トップページ サイトマップ

そごう・西武健康保険組合

お知らせプロフィール健保のしくみこんなときどうするの?保健・福祉各種届出・申請Q&A医療費情報リンク集
人間ドック(疾病予防)
契約健診機関一覧表
( 組合員専用ページにログインして最新の
契約内容・料金をご確認のうえお申し込みください
)
  ※契約料金は税別表示です。  
早期発見、早期治療。健康は私たちの大きな財産です。仕事や子育てにかまけていませんか。ご自身の健康を過信しないで正しい知識をもって、自分の手でしっかり守って下さい。
対象は30歳以上の被保険者・扶養家族の方です。
人間ドック
<金額は税別>
区分 ポイント年齢 ポイント年齢以外
40、45、50、55、59歳 40歳以上 30〜39歳
基本負担額 0円 5,000円 10,000円
追加負担額 ・契約医療機関の契約料金が40,000円を超える場合、超過分は自己負担
・「がん検診補助」対象以外のオプション検査は、全額自己負担
※当健保組合の人間ドック補助対象は、半日ドックを基本としてます。
※上記負担額に別途消費税をご負担いただきます。
がん検診補助
がん検診補助
下記のオプション検査が対象です。 <金額は税別>
検診種類 肺がん 乳がん 子宮がん
胸部ヘリカルCT @乳房触診・
乳房エコー
A乳房触診・
マンモグラフィ
子宮頸部細胞診
基本負担額 5,000円 0円 0円
追加負担額 ・各検査費用の年間合算額が13,000円を超える場合、超過分は自己負担
・各検診種類ごとの検査費用が1,000円未満の場合、全額自己負担
・健康保険適用(保険証使用・3割負担)の場合、全額自己負担
・「がん検診補助」対象以外のオプション検査は、全額自己負担
※上記負担額に別途消費税をご負担いただきます。
2019年度ポイント年齢人間ドック対象者
補助年度: 2019年4月1日〜2020年3月31日
対象者: 補助年度内に40、45、50、55、59歳の誕生日を迎える当組合の被保険者および被扶養者
ニ人間ドック受診の哲手続き一般被保険者(と扶養家族)の場合
「人間ドック(がん検診)補助申請書兼費用請求先確認書」 について
健保ホームページや医療機関で、費用(自己負担)について確認してください。
人間ドックの結果が健保組合に報告されることについて同意、署名・捺印してください。
費用請求先確認書の事業主受付確認欄を廃止しました。(事業主確認印不要)
  ※医療機関から健康保険証の提示を求められるケースもあります。予めご用意ください。
その他
1) 人間ドック利用料の補助は1年に1回です。
2) がん検診補助は各検診種類ごとに1年に1回、年間合算額13,000円(税別)を上限とします。
  ※鰍サごう・西武が定期健診時に実施する、乳房エコーを受診した場合もがん検診補助の対象となりますのでご注意ください。2019年度の乳房エコー料金は2,315円(税込2,500円)です。
3) 二次健診の費用は、すべて利用者負担とします。(保険証使用可)
4) 契約医療機関以外で受診する場合
人間ドック・がん検診の費用は窓口で全額お支払い(全額立替)いただきます。
人間ドックを受診後、「人間ドック(がん検診)補助申請書兼費用請求先確認書」と「領収書(写し)」と「結果表(写し)」・「質問表」を提出し、ドック利用料の補助額を当健保組合へ請求してください。
人間ドックのオプションでがん検診補助を利用される場合は、上記申請書のがん検診受診項目を記入し、その「結果表(写し)」も合わせてご提出ください。
@ 「人間ドック(がん検診)補助申請書兼費用請求先確認書」
A 「質問票」

(届出・申請用紙)PDF形式です。クリックしていただくと、ご自由にお使いいただけます。
PDFファイルを見るためには、Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。 お持ちでない場合は、右のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。
Acrobat

契約医療機関以外で「人間ドック」を受診された皆様へ
「人間ドック(がん検診)補助申請書兼費用請求先確認書」等は各事業会社の人事部門経由で健保組合へご提出いただくこともできます。
申請書の流れ
※鰍サごう・西武の被保険者の方はサポートデスク(給与センター)へ提出してください。
(提出の際は各店人事より専用メール便を利用してください。)
前のページへ戻る このページの一番上へ
トップページ  サイトマップ
イトーキ健康保険組合 サイトマップ トップページへ