保健事業のページ

特定健診・特定保健指導

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診(特定健診)を行います。この特定健診の結果から内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数から特定保健指導のレベル分け(階層化)により、「積極的支援」・「動機付け支援」に特定保健指導該当者の選定を行います。

皆さんが特定健診を受け、その結果をもとに自らの健康状態を把握し、食事・運動などの生活習慣改善のため、ご自身に合った行動目標を設定・実行できるよう医師、 保健師、管理栄養士などの専門スタッフによる支援を行うことを特定保健指導といいます。

保健指導のレベル分け(階層化)の方法

  1. ステップ1・・内臓脂肪の蓄積と肥満に着目したリスク判定
    ・腹囲 男性85cm以上、女性90cm以上 ⇒(1)
    ・腹囲 男性85cm未満、女性90cm未満 かつ BMI 25以上 ⇒(2)
    ※BMI=体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)
  2. ステップ2・・検査結果、質問票から追加リスクをカウント
    @ 血糖 (a) 空腹時血糖値 100mg/dl以上 または
    (b) HbA1C(NGSP値) 5.6%以上
    A 脂質 (a) 中性脂肪 150 mg/dl以上 または
    (b) HDLコレステロール 40mg/dl未満
    B 血圧 (a) 収縮期血圧 130mmHg以上 または
    (b) 拡張時血圧 85 mmHg以上
    C 質問票 喫煙歴あり(@〜Bのリスクが1つ以上の場合のみカウント)
  3. ステップ3・・ステップ1、ステップ2から、保健指導対象者をグループ分け
    ステップ1で(1)の場合
    @〜Cのリスクのうち追加リスクが 2以上の場合 積極的支援
    1の場合 動機付け支援
    0の場合 情報提供(特定保健指導なし)
    ステップ1で(2)の場合
    @〜Cのリスクのうち追加リスクが 3以上の場合 積極的支援
    1または2の場合 動機付け支援
    0の場合 情報提供(特定保健指導なし)

被扶養者及び任意継続被保険者特定健診実施について

詳細についてはこちらをご覧ください。被扶養者及び任意継続被保険者特定健診実施について