保健事業のページ

インフルエンザ予防接種補助金について

インフルエンザ対策として、職場等での集団感染を防止することにもなりますので、ぜひ予防接種を受けてください。

1.対象者
当健保組合の被保険者および被扶養者
2.補助額
インフルエンザ予防接種を受けたときに、ひとり3,000円を上限とし支給します。
接種費用が3,000円未満の場合は、実費を支給します。(2回接種の場合は合計額)

(注)弱毒性インフルエンザワクチン(例:噴霧型インフルエンザ生ワクチン「フルミスト」は日本では未承認のワクチンのため補助金支給の対象外です。
なお、医薬品副作用被害者救済制度の適用はされません。
3.申請方法
  1. @補助金申請書に医療機関発行の領収書(原本)を添付して事業所担当者または当健保へ提出してください。領収書には必ず接種者氏名、金額インフルエンザ予防接種の記載がされていること。
    (金額のみのレシートは不可)
  2. A1枚の領収書で接種者が複数の場合、接種者名ごとの内訳金額が記載されていること。
  3. B世帯でまとめて(本人、家族、13歳以下のお子様は、2回目の接種が終わってから)期間中1回申請してください。
  4. C接種対象期間は、10月1日から翌年2月末日
4.申請書

各種届出・申請 「インフルエンザ予防接種を受けたとき」

事業所で予防接種を実施したとき(事業所担当者)

事業所内診療所で実施した場合、または事業所が外部医療機関に委託して実施した場合当健保組合の被保険者について接種費用を補助します。

ひとりあたりの補助金は、上限3,000円です。

  • ・事業所単位で一括して請求してください。
  • ・補助金申請書(事業所用)と、接種者名簿(保険証番号・従業員aE氏名)を記入してください。
  • ・必ず医療機関の領収書、又は請求書(写し可)を添付してください。
     ※請求書が医療機関から直接健保へ送られてくる時には連絡してください。
  • ・接種対象期間は、10月1日から翌年2月末日

詳しくは健保組合まで。