けんぽくん
トップページ サイトマップ

そごう・西武健康保険組合

お知らせプロフィール健保のしくみこんなときどうするの?保健・福祉各種届出・申請Q&A医療費情報リンク集

ジェネリック医薬品利用促進の取り組みについて

 ジェネリック医薬品とは医師から処方される薬のなかで、新薬(先発医薬品)の特許期間の終了後、製薬会社が厚生労働省に承認申請し、製造・販売が認められた薬をいいます。 ジェネリック医薬品は新薬に比べて開発費が安くすむため、薬によっては半額くらいになるものもあります。効果は新薬と同じで、品質・安全性は国によって厳しくチェックされています。

 そごう・西武健康保険組合では、医療費適正化事業の一環として、「ジェネリック医薬品利用促進のお知らせ」(以降「お知らせ」で表記)を発行することといたしました。
 「お知らせ」では、お使いの薬をジェネリック医薬品に変更した場合に薬代がどのくらい減るか試算した結果(試算例)を掲載いたします。
 ジェネリック医薬品を上手に活用することにより、薬に係る費用が減るとともに皆様からの保険料をもとに運営している組合全体の医療費の低減にもつながります。「お知らせ」を受け取られた方は、この機会にジェネリック医薬品の利用をご検討くださいますようお願いいたします。

  • 「お知らせ」をお届けする対象の方
    薬局や病院で薬を調剤された方で、ジェネリック医薬品に切り替えた場合に費用負担が大きく削減される方を対象にお届けします。(全員の方に通知書が届くわけではありません)
  • 「お知らせ」が届いたら
    まず、医療機関で出された処方箋をご確認ください。処方箋に「後発医薬品への変更不可」というお医者さまの署名や押印が無ければ、ジェネリック医薬品に変更できます。調剤薬局に「お知らせ」の用紙をご持参の上、薬剤師の方とよくご相談ください。
〜個人情報の取り扱いについて〜
ジェネリック医薬品利用促進の取り組みを実施するにあたり、該当者の個人情報については「個人情報保護法」に基づき慎重かつ適正な取扱いをすることを業務委託先と確認しております。
前のページへ戻る このページの一番上へ
トップページ  サイトマップ
イトーキ健康保険組合 サイトマップ トップページへ