新たに被扶養者にしたいとき
被扶養者とは
 被保険者の収入によって生活している家族は「被扶養者」(従って、生計維持関係のない家族は、被扶養者にはなれません。)として健康保険の給付を受けることができます。
 また、健康保険の被扶養者になるには、家族なら誰でも入れるというものではなく、法律等で決まっている一定条件を満たすことが必要です。
 健康保険の扶養家族は会社の扶養手当や税法上の扶養家族とは基準が全く異なります。

被扶養者の範囲
 主として被保険者によって生計を維持されている方で、判定の基準は認定対象者の年間収入が130万円(60歳以上、又は障害年金受給要件該当者は180万円)未満であること。

認定基準にかかわらず、75歳以上の方は、後期高齢者医療制度の適用対象者となりますので、被扶養者にすることができません。


 詳しい認定基準は、健康保険組合までお問い合わせください。



平成28年10月1日より、兄姉の認定条件について、同居の条件がなくなりました。

■同一世帯でなくてもよい人
配偶者(内縁を含む)・子・孫・兄姉弟妹・父母等直系尊属
■同一世帯であることが条件の人
上記以外の三親等内の親族(義父母等)
被保険者の内縁の配偶者の父母・連れ子


被扶養者認定に必要な提出書類
健康保険被扶養者異動届
全世帯の住民票(配偶者・子の申請以外)
収入の有無を証明する書類
 (雇用保険受給者証の裏表の写し・離職票の原本・市区町村発行の収入証明・年金の通知書等、該当する書類)

被扶養者に異動があったときは、すみやかに届出を!
 
被扶養者認定についての留意点

ページ内の、(届出・申請用紙)PDF形式です。クリックしていただくと、ご自由にお使いいただけます。
PDFファイルを見るためには、Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。 お持ちでない場合は、右のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。
Acrobat

前のページへ戻る このページの一番上へ