医療費通知の見方

       医療費のお知らせ見方

「医療費のお知らせ」は3ヶ月ごとに年4回発行しご自宅へお送りします。
医療機関からの請求書(レセプト)は通常診療から2ヶ月後に健康保険組合に届くため、「お知らせ」を発行するタイミングは診療月から3〜5ヶ月後になります。

医療費の落らせの見方
@ 受診した方です。
A 受診した年・月です。
B 受診した日数です。
C 入院、外来、歯科、調剤等の診療区分です。
D 受診した医療機関の名称です。
E 実際にかかった医療費の総額です。
F Eの医療費総額のうち健康保険組合が支払った額です。
※G 自治体の医療費助成(乳幼児医療・こども医療・障害者医療・老人医療等)や国の公費負担医療で受診した時に、Eの医療費総額のうち国・市町村などが支払った額です。
※H Eの医療費総額のうちあなたが医療機関の窓口で支払った額です。
歯科や産婦人科等の診療での保険適用以外の費用や、入院時食事療養費・差額室料などの費用は含みません。
※GH 注意
  • 医療費助成を受けている方 ⇒ 医療証のコピーを健康保険組合に提出してください。
    医療費助成制度は自治体ごとに年齢・所得・支払い方式などの取扱いが多様なため、健保組合では内容を正確に把握することが出来ません。そのため、G、H欄が実際の支払額と異なる場合がありますが、保険給付金には影響がありませんのでご了承ください。
  • 医療費助成を受けていない方 ⇒
    自治体などからの助成を受けていない方でG「国県市町村が負担した額」に記載がある場合は、給付金が発生する場合がありますので、健保組合までご連絡ください。
TEL:06-6381-5762
       保険給付金の支給通知書の見方

 健康保険組合から保険給付金がある方は「保険給付金の支給通知書」をお送りします。
通知書が届いた月のお給料に合算してお振込みいたしますのでご確認ください。任意継続、退職後給付の方はその月の25日ごろに直接お振込みいたします。

 再発行できない書類ですので大切に保管し、確定申告などにご活用ください。
保険給付金の支給通知書の見方
@〜H 保険給付金の該当者です。
I 給付内容です。給付金には次のものがあります。
本1、本2 ・・・・ 本人高額療養費、一部負担還元金
家1、家2 ・・・・ 家族高額療養費、家族療養費付加金
合1、合2 ・・・・ 合算高額療養費、合算療養費付加金
現1、現2 ・・・・ 傷病手当金、出産手当金、出産育児一時金、埋葬費
J 給付決定金額です。合計額が振り込まれます。
K 上段の支給区分欄を参照し、同じものが支給の対象となった診療です。
現1、現2と表示されたものはご本人などからの申請に基づくものです。
       医療費のしくみ
医療費のしくみ
前のページへ戻る このページの一番上へ