耳より情報!

平成18年10月改正の POINT

●70歳以上の患者負担
一定以上の所得のある70歳以上の方の患者負担は、3割になりました。
「一定以上の所得」の人とは、健保対象者の場合は標準報酬月額が28万円以上、
老人保健対象者は課税所得が145万円以上の高齢者(夫婦世帯で年収520万円、単身世帯で383万円に満たない場合は、申請により1割負担に軽減)。

●高額療養費制度の自己負担限度額
1ヵ月に自己負担する医療費が限度額を超えると、超えた分が「高額療養費」として払い戻されます。この自己負担限度額が見直されました。

◆ 70歳未満の方 ◆
改 正 前
上位所得者
(月収56万円以上)
139,800円+(医療費−466,000円)×1%
(77,700円)
一 般
72,300円+(医療費−241,000円)×1%
(40,200円)
低所得者
(住民税非課税者)
35,400円
(24,600円)
平成18年10月改正
上位所得者
(月収53万円以上)
150,000円+(医療費−500,000円)×1%
(83,400円)
一 般
80,100円+(医療費−267,000円)×1%
(44,400円)
低所得者
(住民税非課税者)
変更なし
注1 (  )内は、過去1年間で4回目以降の該当分の自己負担限度額。
注2 上位所得者の月収が、56万円以上 → 53万円以上 に改正。
注3 人工透析を要する上位所得者については、自己負担限度額が2万円に引き上げられました。

◆ 70歳以上の方 ◆
改 正 前
  
 
自己負担限度額
一定以上
所得者
40,200円
72,300円+(医療費−
361,500円)×1%
(40,200円)
一 般
12,000円
40,200円
低所得者
U
8,000円
24,600円
T
15,000円
平成18年10月改正
  
 
自己負担限度額
一定以上
所得者
44,400円
80,100円+(医療費−
267,000円)×1%
(44,400円)
一 般
変更なし
44,400円
低所得者
U
変更なし
変更なし
T
変更なし
注1 ( )内は、過去1年間で4回目以降の該当分の自己負担限度額。
注2 低所得者とは、住民税非課税者で、そのうち低所得者Tは収入が年金のみで単独世帯の場合、年収約65万円未満。夫婦2人世帯で年収約130万円未満。

●療養病床に入院する70歳以上の食費・居住費の自己負担
70歳以上の方が療養病床に入院する場合、食費と居住費が自己負担となりました。
改 正 前
食費
(食材料費相当)
自己負担
24,000円
医療費(自己負担)
1割
40,000円
2割
73,000円
平成18年10月改正
食費
(食材料費+調理コスト相当)
自己負担
42,000円
居住費
(光熱水費相当)
自己負担
10,000円
医療費(自己負担)
1割
42,000円
3割
82,000円
注1 食費は42,000円、居住費は10,000円が平均的な負担額となりますが、実際に負担する額は患者と病院の契約で決められます。
注2 食費と居住費の負担額には所得に応じた上限が設けられ、低所得者の負担軽減が図られました。この上限は介護保険と同じ水準で設定されています。

●出産育児一時金の見直し
出産育児一時金が引き上げられました。
本人・家族とも
改 正 前
1児につき
300,000円
平成18年10月改正
1児につき
350,000円

●埋葬料及び家族埋葬料
埋葬料の支給額が本人、家族ともに一律の定額50,000円となりました。
本人
家族
改 正 前
標準報酬月額の1ヵ月分
100,000円
平成18年10月改正
50,000円
50,000円



平成19年4月改正の POINT

●標準報酬の上限と下限の拡大
標準報酬等級が上限・下限ともに拡大され、39等級から47等級になりました。
等級
上限
下限
改 正 前
39等級
980,000円
98,000円
平成19年4月改正
47等級
1,210,000円
58,000円

平成19年4月以降の標準報酬等級表はこちら

●標準賞与額の上限設定方法
ボーナスにかかる保険料を計算するときの上限設定が、1回ごとから年間の設定になりました。
改 正 前
1回あたり 200万円
平成19年4月改正
年間 540万円

●傷病手当金、出産手当金の支給額
傷病手当金及び出産手当金の支給額が見直されました。
改 正 前
標準報酬日額の60%
平成19年4月改正
標準報酬日額の3分の2

●任意継続被保険者への傷病手当金・出産手当金の支給廃止

●資格喪失後の出産手当金の支給廃止

●高額療養費の現物給付化について
70歳未満の方についても、一医療機関ごとの入院費用の窓口での支払いを高額療養費制度における自己負担限度額にとどめることとされました。

「医療保険制度改正のポイント」トップページへ