広報誌「かけはし」

■2018年3月 No.558

   これならできる!野菜たっぷり生活。今回は飲み会が多くなる時期に気を付けたい、料理選びのポイントをお伝えします。
   二日酔い予防のための先手
   楽しい飲み会を憂鬱なものに変えてしまう二日酔い。二日酔いの原因は、アルコールの利尿作用による脱水状態や、アルコールを体内で分解する際に発生するアセトアルデヒドが肝臓で十分に処理されないことなどが考えられています。
 二日酔い予防のためには、お酒を飲み過ぎないことはもちろんですが、食事と一緒にお酒を楽しむことも大切です。空腹でお酒を飲むとアルコールの吸収が早くなり、その結果、分解が追い付かないため、二日酔いの原因となります。
 アルコールの吸収をゆるやかにするためには、胃の中に食物、特にたんぱく質、脂質、炭水化物が適当に混ざった食物があるとよいとされています。
   目指せ「SNS映え」!?
   お酒がすすむ料理は、しっかりした味付けでこってりした料理が多く、エネルギー・脂質・食塩相当量の摂り過ぎに注意が必要です。
   飲み会の席でもバランスよく「主食・主菜・副菜」をそろえた彩り豊かな食卓を意識しましょう。肉や魚を使った「主菜」や、ごはんやパンなどの「主食」に偏ると、全体的に茶色い食卓になりがちです。そこで、グリーンサラダや蒸し野菜、バーニャカウダなど、「副菜」に当たる野菜料理を注文して、飲み会の食卓を彩り豊かに「SNS映え」を意識してみてはいかがでしょうか。

「おおさか食育通信」ホームページのご紹介
http://www.osaka-shokuiku.jp
健康や食育に関する情報が掲載されています。
また、メルマガ登録をしていただくと、登録されたアドレスに毎月1回、最新情報が配信されます。登録は無料です。
ぜひご登録ください!!
メルマガ登録はこちら↑