鴻池健康保険組合
KONOIKE Health Insurance Society
Homeへ  
サイトマップ
組合紹介健保のしくみこんなときどうするの?保健・福祉届出・申請Q&A医療費情報リンク集
保健・福祉のページ
資金貸付制度 高額療養費資金貸付
被保険者または被扶養者で、高額療養費の支給を受けることが見込まれる人に対して、高額療養費の支給を受けるまでの間、療養に要する費用を貸し付ける制度です。

貸付要件
当健保の被保険者又は被扶養者で、次の条件に該当する方
  1人、1ヶ月、1病院ごとの窓口負担が、所得区分に応じた自己負担限度額を超えていること。
保険診療分のみで食事負担額及び保険対象外は除く)

貸付額
高額療養費支給見込額の8割相当額(千円未満切捨て)です。尚、貸付金は無利子です。
所得区分が28万円以上53万円未満の被保険者が入院して、1ヶ月の窓口負担が30万円(医療費総額100万円)だった場合の貸付額は?
    【高額療養費支給見込額】
300,000円−{80,100円+(1,000,000円−267,000円)×1%}=212,570円
【貸付額】
212,570円×0.8=170,056円→(千円未満切捨て)→170,000円

申込手続及び貸付
(1) 「高額医療費資金貸付申込書」に療養に要する費用の内訳のある請求書または領収書の原本を添付し事業所へ提出して下さい。
(2) 貸付額が決定すると健保から「貸付決定通知書」が送付され、被保険者の指定口座へ貸付金が振り込まれます。(申込書受付後10日以内)
(3) 健保から送付する「借用書」に必要事項を記入、捺印のうえ健保宛に返送して下さい。
(4) 医療機関への支払い後、必ず「高額療養費支給申請書」を提出して下さい。

貸付金の返済
返済については、後日支給される高額療養費から貸付額をマイナスすることで精算されます。

提出書類
■「高額医療費資金貸付申込書」  健康保険組合へお問い合わせください
■「高額療養費支給申請書」  健康保険組合へお問い合わせください

高額療養費についてはこちら

ページ内の、(届出・申請用紙)PDF形式です。クリックしていただくと、ご自由にお使いいただけます。
PDFファイルを見るためには、Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。 お持ちでない場合は、右のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。
Acrobat

前のページへ戻る このページの一番上へ
個人情報の保護についてサイトマップお問い合わせトップページ
Copyright (C) 2006 Konoike Kenpo. All Rights Reserved.