基幹業務システム:レセプト情報管理システム

レセプト情報管理システムとはレセプト情報の一部をテキスト化したデータやレセプトの画像データを健康保険組合が電子媒体で受け入れるためのシステムです。
厚生労働省は政府・与党医療改革協議会の「医療制度改革大綱」、政府IT戦略本部の「IT新改革戦略」による『平成23年度当初までのレセプト完全オンライン化』の方針を踏まえ、保険医療機関等の診療報酬請求は原則オンラインとする方針・計画を明示しました。これにより、限られたレセプト項目のテキストデータに替わってレセプト全ての情報がテキストデータ(レセ電CSV)で健康保険組合に送信され、レセプトデータの集積による種々の分析、保健指導等への活用、事務処理の効率化などがより一層加速されることが期待されます。

システム拡張概念図

 

システムの特徴


検索・点検機能 共通機能

各種分析機能

全体集計データ作成機能

内容点検サブシステム連携機能

システム設定・管理機能

ページの先頭へ↑