出産育児一時金 受取代理制度について

1.直接支払制度とは

直接支払制度とは、出産育児一時金の額を上限として、健康保険組合から支払機関を通じて医療機関へ出産費用を支払う制度です。 従来は、正常分娩の場合、健康保険が適用されないため、窓口で出産費用を支払い後日健康保険組合へ出産育児一時金を請求する、という手続きでしたが、本制度の導入により、窓口での支払いが、出産育児一時金を超えた金額だけですむようになりました。
※一部直接支払制度が利用できない医療機関があります。

2.対象

平成21年10月1日以降の出産

3.直接支払制度の流れ

直接支払制度の流れ

4.申請について

直接支払制度を利用した場合
【1】医療機関での支払額が出産育児一時金を上回る場合 ・・・ 付加金(26,000円)の申請が必要です。
【2】医療機関での支払額が出産育児一時金を下回る場合 ・・・差額と付加金(26,000円)の申請が必要です。

関連ページへのリンク
関連ページへのリンク /終わり