出産育児一時金・家族出産育児の受取代理について

 正常な出産は健康保険の療養の給付の対象とはならないため、 従来は出産の費用を全額医療機関に支払い、 あとで健康保険組合に出産育児一時金を請求していましたが、 医療機関を受取代理人とすることで、 出産費用と出産育児一時金との差額だけを医療機関に支払うことが出来るようになりました。 この制度を利用するには事前申請が必要となります。

対象者

 出産育児一時金の支給を受ける予定で、 出産予定日まで1カ月以内の被保険者・被扶養者 (出産費貸付制度を利用する場合は不可)

手続き

 「出産育児一時金等支給申請書(受取代理用)」に出産予定日を証明できる書類 (母子手帳の写しなど)を添付して、 出産予定日の1カ月以内までに健康保険組合へ提出してください。

出産育児一時金等支給申請書(受取代理用)

PDF

出産育児一時金の支払いについて

出産後、医療機関等からの出産費用の請求額に応じて次のいずれかの取り扱いになります。

  • 【1】請求額が出産育児一時金を上回る場合

    出産育児一時金の全額が健保組合から医療機関等に支払われます。 当該請求額と出産育児一時金との差額は、被保険者が医療機関等に支払うことになります。

  • 【2】請求額が出産育児一時金を下回る場合

    請求額が健康保険組合から医療機関等に支払われます。 当該請求額と出産育児一時金との差額は、被保険者に支給されます。

<注>[1][2]いずれの場合も付加金が同時に支給されます。
ただし、資格を喪失している場合は付加金は支給されません。

全体の流れ

全体の流れ

その他注意事項

申請した受取代理人である医療機関以外で出産することとなった場合は、速やかに変更届か取引書を提出してください。

関連ページへのリンク
関連ページへのリンク /終わり