医療費支払のしくみ

 皆さんが病気やケガのため保険証を使って病院で治療を受けると、病院の窓口ではかかった医療費・薬剤の一部(一部負担金という)を支払うだけで、皆さんは健康保険法で定められた医療をすべて利用できるしくみになっています。

このときの残りの医療費については、後日(受診後2〜3ヶ月後)J.フロント健保組合から保険給付費として病院に支払うことになります。(正確には支払基金を通じて支払)
以上の医療費支払の流れを図示すると、次のとおりです。
ケースによって皆さんに還付される高額療養費や付加給付の支払時期が診療月の3ヶ月前後になる支払の仕組みをご理解ください。

医療費の流れ