令和4年から健康保険制度が変わります

健康保険法等の一部を改正する法律が公布されました。令和4年1月より施行の内容についてお知らせいたします。

傷病手当金の支給期間の通算化(令和4年1月から)

同一のケガや病気に関する傷病手当金の支給期間について、支給を始めた日から通算して1年6カ月に達するまで支給を受けられるようになります。

傷病手当金の支給期間の通算化(令和4年1月から)

任意継続被保険者制度の変更(令和4年1月から)

任意継続被保険者からの申出による資格喪失が可能に

任意継続被保険者本人からの申出により、任意継続保険から脱退することができるようになりました。

【任意継続保険の資格喪失事由】

●任意継続被保険者の資格期間(2年)が満了したとき
●就職して、他の健康保険の被保険者になったとき
●保険料を期限までに納めなかったとき
●任意継続被保険者が死亡したとき
●後期高齢者医療制度の被保険者になったとき
●任意継続被保険者本人が脱退を申出たとき

標準報酬月額の見直し

任意継続被保険者の保険料は全額自己負担で、保険料については次の(1)(2)のいずれか低い方に保険料率を乗じて算出します。

(1)当該任意継続被保険者が資格を喪失したときの標準報酬月額
(2)ダイキン健保全被保険者の平均標準報酬月額

健康保険組合の場合、規約により高い方を標準報酬月額とすることが可能になります。

※ダイキン健保の任意継続被保険者の保険料は、これまで通り、上記(1)、(2)のいずれか低い方に保険料率を乗じて算出します。

 

ページトップへ戻る