保健指導について

「特定保健指導」を実施します!

生活習慣病予防の取組みとしてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善を目的に、特定保健指導を実施します。

特定健康診断で「積極的支援レベル」「動機付支援レベル」と判定された方を対象に特定保健指導を実施します。
この機会に医療専門職の指導員からサポートを受け、5年後10年度も元気でご活躍されるためにも是非参加ください。
※特定保健指導の対象になった方には特定健診受診後おおよそ3ヶ月後に健保組合から文書でご本人に案内します。

・メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、お腹のなかに内臓脂肪がたまり、高血圧・高血糖・脂質異常症(高脂血症)等の症状が重複した状態のことです。 自覚症状はほとんどないものの、放っておくと動脈硬化が急速に進行し、脳卒中や心筋梗塞のリスクを高める原因となります。

*高血圧が続くと・・・血管壁に圧力がかかり、血管が傷つき動脈瘤が出来硬くもろくなる
*高血糖が続くと・・・血液中の糖が処理されず血液中のたんぱく質とくっつき血管を傷つける
*高脂血症が続くと・・・LDL(悪玉)コレステロールがたまり血管が狭くなり血栓が出来る

しかし、健診結果に基づき生活習慣を改善する事でこれらの病気を予防・改善する事が出来ます。

1.目的

 平成20年4月に「高齢者の医療の確保に関する法律」が改正され、健保組合等の保険者に「特定健診・特定保健指導」の実施が義務付けられました。

(背景)

  • ・ 死亡原因の6割、国民医療費の約1/3が生活習慣病。ダイキン健保の医療費においても約30%を占める。
    生活習慣病の中でも特に心疾患・脳血管疾病等の発症の危険因子である糖尿病、高血圧症、脂質異常症等の有病者や予備群が増加しており、発症・重症化予防の取組みが喫緊の課題。
  • ・ 高齢期における生活習慣病外来・入院受療率が上昇している。
    その理由は、不適切な食生活や運動不足等、不健康な生活習慣がやがて生活習慣病の発症を招き、生活習慣を改善しないと重症化し、心疾患や脳卒中等の発症に至る経過をたどる事となる。

    厚労省)特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き(H25年4月)より

⇒普段の生活習慣を改善する事で疾病の予防や早期の発見・治療による健康回復を図ることが可能です。
健康を維持することが長期的な医療費抑制につながります。生活習慣を見直し健康な身体を作りましょう!!

2.特定健診と特定保健指導の流れ

健保組合は特定健診の結果を元にレベル分けし生活習慣病リスクの数に応じて対象者を抽出します。

特定健診項目とは→

3.対象者

・ 特定健診の結果を元にレベル分けした結果、生活習慣病リスクの高い人を「積極的支援レベル」、リスクのある人を「動機付け支援レベル」と判定します。

・ 毎年4月1日現在ダイキン工業健康保険組合に加入している人で、実施年度内(4月1日〜翌年3月31日)に74歳になる被保険者までが対象です。

※法定では40歳以上が対象ですが、当健保では早いうちの習慣付け・発症リスク抑制を目的に、40歳未満も対象に実施しています。

<ただし下記の方は対象外です>

  1. 1)糖尿病・高血圧・脂質異常症の治療に係わる薬剤を服薬中の方
  2. 2)年度途中でダイキン健保に加入・脱退された方
  3. 3)海外居住者
  4. 4)休職中の方

特定保健指導レベル分けの基準…「積極的支援」「動機付け支援」「情報提供」の3つにレベル分け

○積極的支援レベルの方

メタボリックシンドロームのリスクが重複している方です。
医療専門職による面談、電話、手紙等による保健指導を3ヶ月間行います。
生活習慣病改善を実行するための無理のない改善プランの作成や継続して実行していくためのサポートを受ける事ができます。

○動機付け支援レベルの方

メタボリックシンドロームの症状が出始めた方が対象です。
医療専門職による保健指導を1回行い、3ヶ月後に実績を評価します。
生活習慣改善を実行するための無理のない改善プラン作成のサポートを受けることができます。

○上記以外の方(情報提供レベルの方)

健保ニュース等で、健康的な生活習慣作りのための情報を提供します。

注1:リスクの基準

@血糖 空腹時血糖が100mg/dl以上、またはHbA1cが5.6%以上
(空腹時血糖とHbA1cの両方を測定している場合は、空腹時血糖の結果を優先し判定に用いる)
A脂質 空腹時中性脂肪150mg/dl以上、または随時中性脂肪170mg/dl以上
またはHDLコレステロール40mg/dl未満
B血圧 収縮時130mmHg以上、または拡張期85mmHg以上

4.特定保健指導実施フロー

生活習慣を改善するにはご本人の<やるき>が最も重要となります。
日常生活を専門家と振り返りながら、更なる健康増進にお役立てください。

1)積極的支援レベル

2)動機付け支援レベル

●初回面談(約30分間:医療専門職と面談)・・特定健診結果に基づき委託指導員のアドバイスの元生活習慣の分析と健診検査数値の改善を目指すプランを作成いただきます。

●初回面談を就業時間中に受ける方は、所属長に了解を得てください。

5.個人情報の取扱いについて

 特定保健指導を受けられる方について、当健保組合が契約した専門機関の委託会社に提供する特定保健指導実施に必要な個人情報は下記の通りです。

◯氏名 ◯性別 ◯生年月日 ◯所属 ◯特定健診結果 ○住所 ○連絡先

 尚、ダイキン健保組合の個人情報の管理は、個人情報保護法をはじめ当健保組合が定める個人情報保護規程及び関係法令に基づき管理され、知り得た全ての個人情報は保護・厳密に管理されます。
 また個人情報は正当な理由なく第三者へ提供されることはありません。(詳しくはダイキン健保HPに掲載の「個人情報保護の基本方針」をご参照ください)

Q&A

Q:メタボリックシンドローム判定結果通知で「予備群該当」となっているのに「積極的支援レベル」と判定されました。 メタボリックシンドローム判定と特定健診の階層化の違いは何でしょうか?

メタボリックシンドローム判定(「基準該当」、「予備群該当」、「非該当」)とは、メタボリックシンドロームの診断基準(日本内科学会17年4月)に基づいた判定です。

一方、特定健診の階層化は、生活習慣病になるリスクの大きさに応じて、大きく「動機付け支援」と「積極的支援」に分け、必要な支援レベルを示すものです。

具体的には、メタボリックシンドローム判定には、BMI(体格指数:体重kg ÷ 身長m ÷ 身長m)や喫煙のリスクが含まれていません。階層化の判定の方が対象の範囲が広いため、「予備群該当」とされても「積極的支援」となったり、「基準該当」であっても「動機付け支援」となる場合があります。

・メタボリックシンドローム判定基準

Q:料金はいくらですか?

A:保健指導委託料は健保組合が負担するので自己負担はありません。
初回面談実施に必要な経費(交通費、会場等)は自己負担となります。

ページトップへ戻る