健康保険に加入すると「健康保険被保険者証」(保険証)が交付されます。これは、健康保険に加入していることを示す身分証明書になります。 病気、ケガで診療をうけるときに保険証を持参すれば一部を負担するだけで、必要な医療が受けられます。
 つまり保険証は身分証明書であると同時に金券同様の役割をしますので、大切に保管してください。他人に貸したり、不当に使用することは、厳重に禁止されています。



保険証に関する各種手続き方法

  保険証をなくしたとき
ただちに
「健康保険被保険者証(滅失・毀損)再交付申請書 」を提出 
※万が一に備え警察に届出てください
     
  扶養家族に異動が
あったとき
そのつど
「被扶養者異動届 」のほか、各種添付書類および保険証を添えて提出
     
  被保険者の氏名や
被扶養者の氏名に
変更訂正があったとき
ただちに
「氏名変更届 
に保険証を添えて提出  
       
  被保険者の生年月日や
被扶養者の生年月日に
訂正があったとき
ただちに
健康保険組合へご連絡ください
     
  被保険者の資格を
喪失したとき
ただちに
保険証を返納
資格喪失後に保険証を使用すると全額自己負担になります。

ページ内の、(届出・申請用紙)PDF形式です。クリックしていただくと、ご覧いただけます。
PDFファイルを見るためには、Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。 お持ちでない場合は、右のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。
Acrobat