貸付事業について

 高額医療・出産・在宅療養に関し、当面資金が見込まれるものに対し、家計の負担軽減のため、必要な資金の貸付制度があります。
 くわしくは、健康保険組合担当者までお問い合せください。

[高額医療費貸付制度]
 高額療養費の支給は事務手続きの都合上、診療日のおよそ3ヶ月後となります。したがってその間の家計の負担を少しでも軽くするために、高額療養費が支給されるまでの間、貸し付けられます。
医療機関から高額療養費に該当する額の請求をうけた人、またはすでに支払った人
貸付限度額は高額療養費支給見込み額の80%とする
高額医療費資金貸付申込書
  病院で支払ったときの領収書または請求明細書

[出産費資金貸付制度]
 被保険者または被扶養配偶者が、出産するにあたって、出産育児金を見込まれるものに対し、必要に応じ、出産に要する費用を範囲内で貸付けします。
対象者・・・被保険者及び被扶養者(貸付は被保険者に対して行います)
貸付限度額は出産育児一時金・家族出産育児一時金の80%相当額とする。
出産費資金貸付申込書
  <出産予定日まで1ヶ月以内の場合>
  母子健康手帳(写)、出産予定日まで1ヶ月ある証明書
<妊娠4ヶ月以上の場合>
  母子健康手帳(写)、妊娠4ヶ月以上である証明書、医療機関の請求書又は領収書

ページ内の、(届出・申請用紙)PDF形式です。クリックしていただくと、ご覧いただけます。
PDFファイルを見るためには、Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。 お持ちでない場合は、右のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。
Acrobat