お知らせ&トピックス

味の素健康保険組合は、禁煙を応援します!

健保組合では2019年卒煙プロジェクトをスタートしました。
今年をあなたとご家族の卒煙元年にしませんか?

禁煙プログラム詳細へ

その他喫煙と健康に関するリンク:

厚生労働省 たばこと健康に関する情報ページ

日本呼吸器学会 禁煙のススメ

日本循環器学会 禁煙推進委員会 タバコの依存症

ファイザー製薬 禁煙外来へようこそ

喫煙は様々な健康への悪い影響があります。

1.喫煙により、様々ながんのリスクが高まります。

2.禁煙に成功するとストレス度が減少します

「タバコが唯一の息抜き、ストレス解消方法なんだから」、という方も多いと思いますが、禁煙をすると一時的にストレスが増えますが、止めた後半年後には低位安定すると言われています。

※1

3.受動喫煙により、子供に様々な健康被害が及びます。

子供の受動喫煙による健康被害は、乳幼児突然死症候群(SIDS)、呼吸器疾患、気管支炎、中耳炎、虫歯、などが言われています。中でもSIDSはタバコによる発生リスクが大きいと言われています。

※2

思い立ったら、今。当健保の禁煙サポートを是非ご利用下さい!
詳しくは「禁煙支援プログラム情報」をご覧ください。

※1 対象: 男性従業員191人に対し、メンタルヘルス状態を調査
方法: 日本版GHQ−30質問票で調査。スコアが低い程、ストレスが少ないとされる。
Mino Y.et.al Psychiatri Clin Neurocsi 54(2):169,2000
※2 対象: 1987年〜2005年の間に収集されたSIDSの症例142例と2002年〜2003年に調査した0〜35ヵ月の健康乳児2,841人
方法: SIDSのリスクファクターとして睡眠時の体勢、妊娠中および出生後の両親の喫煙、早産、母乳栄養の欠如、社会的・経済的状況との関連をロジスティック回帰分析した。(年齢、睡眠時の体勢、早産(38週未満)、母乳栄養、妊娠中および出生後の両親の喫煙、種族的出身、両親の教育レベルで補正)
Liebrechts-Akkerman, G. et al.:Eur J Pediatr 170(10):1281, 2011

ページTOPへ