味の素健康保険組合の業務における情報提供等について

個人情報保護法第23条第1項各号に定める場合に本人の同意を得ることなく第三者に個人情報の提供を行うことがあるほか、当健保組合において業務上必要な情報提供等は以下の通り行う。

1.保険給付関連業務

(1) 法定給付等については法に定められた経由ルートでの所定の手続きにて処理する。
(2) 付加給付等現金給付については被保険者及び被扶養者一括し被保険者に給付する。尚、被用者(任意継続を除く)の給付については事業主の給与支給時に処理する。
(3) 被保険者(任意継続を含む)への付加給付通知及び医療費通知については、本人及びその被扶養者を含め、まとめて通知する。
(4) 第三者行為(交通事故等)に係る損保会社等への求償時に、健保組合は本人の代理委任を受け請求するに際し、本人の当該給付に関する個人情報を提供する。
(5) 健康保険組合連合会における共同事業において高額医療給付対象になるレセプトについては、健康保険組合連合会に交付金申請額の証憑書類として提出する。
(6) 市町村にて行われる高額療養費及び一部負担金に対する健保組合からの還元金支払処理においては、当該事項の個人情報が市町村に提出される。

2.保険料の徴収等関連業務

(1) 被保険者資格の確認並びに標準報酬月額及び標準賞与額については、事業主より一括して健保組合に提供される。
(2) 健保組合は、直接徴収の被保険者(直接徴収の任意継続被保険者を除く)に係る健康保険料を、事業主から一括して徴収する。
(3) 被扶養者認定については、被保険者が事業主を経由し健保組合に申請し、適合要件を健保組合にて確認し認定する。但し任意継続被保険者は直接健保組合に申請する。
(4) 健康保険組合被保険者証については、事業主経由にて被保険者及び被扶養者用を被保険者宛て発行する。なお紛失等の申請による発行も同様とする。また保険証の回収業務についても事業主経由にて行う。但し任意継続被保険者及びその被扶養者については任意継続被保険者宛て健保組合にて直接発行する。なお再発行についても同様とする。

3.保健事業関連業務

(1) 保健指導等に用いられる健診情報については、保健指導等の業務委託先に必要情報を提供する。

4.その他の業務

(1) 医療機関等からの被保険者及び被扶養者の資格問い合わせについては、医療機関ナンバー等を確認した上で適宜回答するものとする。
(2) その他法令に従った照会については事実確認し、適切に対応するものとする。

関連リンク
個人情報保護について
プライバシーポリシー
保有する個人情報の例
個人情報の主な利用目的
会社と健康保険組合のコラボヘルス
マイナンバー制度について