各種届出・申請方法

重篤な症状で緊急搬送された

入院・転院するのに歩けないとき

 入院・転院・転地療養等が必要と医師が認めた場合で、かつ下記の要件を満たした場合、 移送に要した費用の範囲で保険者が算定した額を支給します。
医師または看護師が付き添った場合はその実費・日当・宿泊費も支給されます。 ただし、医師または看護師等の費用は、療養費に準じ、30%を自己負担します。

<注>救急車による搬送は無料のため対象外です。

支給要件

  1. 1. 移送により法に基づく適切な療養を受けたこと。
  2. 2. 移送の原因である疾病又は負傷により移動をすることが著しく困難であったこと。
  3. 3. 緊急その他やむを得なかったこと。

支給事例

  • ・移動困難な患者で、症状からみてその医療機関の設備では十分な医療が受けられないため、医師の指示により緊急に転院した。
  • ・災害による負傷のため、現場から医療機関に緊急移送された。
  • ・離島等で医療機関にかかったが、症状からみて付近の医療機関では必要な医療が受けられないため、最寄りの医療機関に移送された。

支給が認められない例

  • ・十分な医療が受けられる近くの病院から、離れた病院に移送した。
  • ・旅行先等で緊急入院したため、自宅付近の病院に移送した。
  • ・緊急入院後に症状が安定したため、リハビリ目的で転院した。
手順 提出書類 提出期限 補足・注意事項
移送承認申請(届)書 速やかに 「保険医の意見」欄に医師の証明をもらって提出する。 
移送費請求書 速やかに 領収書を添付して提出する。

ページ内の、届出・申請用紙 はPDF形式です。 クリックしていただくと、ご自由にお使いいただけます。
PDFファイルを見るためには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、下のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。

Adobe Reader

別紙 は各事業所の健康保険担当者または健保組合まで連絡してください。