News&Topics
これまでの発信文書

SCSK健発第186号

平成26年6月30日

被保険者 各位

SCSK健康保険組合

医療費適正化へのご協力のお願い

平素は当健保組合の運営にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、厚生労働省では、医療費の適正化の推進を行なっており、当健保組合においても、年々増加する医療費を抑制しようと努めております。
そこで、以下の3点について、ご一読いただき、医療費適正化にご協力くださいますようお願い申し上げます。

1. 医療費通知をご確認ください

現在の健康保険では、業務外で病気やケガをしたとき、医療機関に保険証を提示することで、総医療費の3割(小学入学前は、2割)を自己負担で診療を受けることができますが、ご自身がお支払いになった医療費については、診療を受けた月より約3か月後に当健保組合のホームページ(KOSMO Communication Web)でご覧いただくことができます。身に覚えのない診療や医療費が支払った金額と異なるような掲載があった場合には、当健保組合までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

2. 柔道整復師には正しく受診してください

詳細は、添付ファイルをご覧ください。
※柔道整復術とは、「○○接骨院」「○○整骨院」のことで、柔道整復師は、接骨医、整骨医などと呼ばれています。

3. ジェネリック医薬品への変更をお願いします

医薬機関で処方される薬には、新薬とジェネリック医薬品の2種類があります。ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間などが過ぎた後に他のメーカーから製造販売されている薬です。そのため、低価格でご利用いただけます。当健保組合のホームページ(KOSMO Communication Web)からジェネリック医薬品に変更した場合の差額を確認できますので一度ご確認ください。なお平成26年4月に医療機関で薬剤を処方された方で、ジェネリック医薬品を利用すると、窓口負担が500円以上安くなることが期待できる方には、別途、ご案内を平成26年7月下旬に発送させていただく予定です。

<参考資料>

①柔道道整復師(整骨院・接骨院)の正しいかかり方
②SCSK健康保険組合 直近5ヶ年医療費推移
③厚生労働省 後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kouhatu-iyaku/index.html

■お問い合せ

SCSK健康保険組合 事務長:永瀬 / 担当者:中川
〒107-0062 東京都港区南青山2-26-1
電話:03-6438-4005
SCSK健康保険組合ホームページ・・・http://www.kenpo.gr.jp/scsk-kenpo/

以上