健保のしくみ

健康保険組合とは
健康保険の目的
健康保険は、会社や事業所で働く人々(その家族も含む)が、ケガや病気をしたときに必要な医療費や手当金などを支給して、生活上の不安を少しでもなくすことを目的とした制度です。
そのための財源は、従業員と事業主が出し合っており、これを「保険料」といいます。
つまり健康保険は、相互扶助の精神により、お互いに助け合う制度です。
   
健康保険組合
健康保険組合は、政府が行う健康保険事業を、政府にかわって行っている公法人です。
医療保険の種類
我が国は「国民皆保険」といって、すべての国民がいずれかの医療保険の被保険者(本人)または被扶養者(家族)になります。
職場で加入する医療保険 健康保険組合(組合管掌健康保険)
協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)
共済組合・共済制度
(国家公務員、地方公務員、私学教員)
船員保険
地域住民が加入する医療保険
国民健康保険(自営業、自由業、農林業など)
   
健康保険組合だからできること

(1)組合員の状況に応じて自主的な運営ができる
(2)プラスαの給付金を支給できる
(3)独自の健康づくり事業が展開できる
(4)財務状況に応じて保険料を自主設定できる

健康保険組合の事業
保険給付
健康保険組合のもっとも大きな事業です。医師にかかったときの医療費の支払いや、病気・ケガによる休職、出産、死亡などへの給付金の支給(法定支給)のほか、組合独自の給付(付加給付)も行っています。
保健事業
被保険者や被扶養者が病気にならないよう、また健康を維持、増進できるように、健康保険組合では保健思想の普及や疾病予防、体力づくりや保養施設の運営など、さまざまな事業を行っています。