健保のしくみ

医療費のしくみ
医療費支払いの流れ

被保険者や被扶養者が医療機関等で受診をしたとき、健康保険で決められている自己負担額(医療費の3割~1割)を支払います。
医療機関は後日、医療費の残り(7~9割分)の請求書(これを「診療報酬明細書(レセプト)」と言います)を作成し、医療費の審査を行なう支払基金に送り、査定してもらいます。

支払基金は、医療機関から提出されたレセプトが適正であるかを審査をした上で、健康保険組合へ医療費の請求を行います。
健康保険組合では、支払基金から届いた医療費の請求内容を確認、支払いを行い、支払基金から医療機関等へ支払いを行います。