任意継続被保険者に関するQ&A

1.退職後、国民健康保険と任意継続保険のどちらを選べばよいですか?

任意継続保険は、再就職するまでの期間の橋渡し的な保険です。そのため、原則就職以外 の理由で喪失は認められません。また、任意継続被保険者の保険料は、資格喪失時の保 険料(退職前は事業所とご本人の折半でしたが、任意継続被保険者の保険料は全額ご本人負担となります)か当健保平均保険料の低い方で決定します。
一方、国民健康保険の保険料については、市区町村により算定方法が異なりますが、前年の所得を基準に算定されております。また、健康保険には、付加給付の制度や保健事業があり、独自のさまざまな事業を行なっています。そうしたことを総合的に検討され、どちらか決定してください。
なお、詳細についてはお住まいの市区町村にお問合せください。

2.確定申告で保険料の納付証明書が必要といわれましたが、どうすればよいのですか?

「健康保険料納付証明書」は、12月中旬頃、任意継続の対象者全員に郵送しています。
特に手続きは必要ありませんが、就職され、早めに会社に提出しなければいけないという方 については、当健保にご連絡ください。

3.任意継続保険に加入していますが、来月から就職することになりました。
任意継続保険を脱退したいのですが、どういう手続きをすればいいのですか?

まずは当健保までご連絡ください。その後、「任意継続被保険者資格喪失申出書」及び、当健保の任意継続被保険者証と就職された先の被保険者証のコピーを当健保宛てに送付ください。

※就職先の被保険者証の資格取得日を確認後、当健保の任意継続被保険者資格喪失通知を送付いたします。

4.ただ今、任意継続保険に加入していますが、近日中に配偶者の扶養家族に入る予定です。配偶者の被扶養者になるため、任意継続保険を辞めることできますか?

配偶者の被扶養者になるという事由で任意継続被保険者の資格を喪失することはできません。
次に該当する事由に該当しないかぎり、任意継続被保険者の資格を喪失することはできません。

  • 再就職することになったとき
  • 任意継続被保険者になった日から2年経過したとき
  • 死亡したとき
  • 保険料を納付期日までに納めなかったとき
ページトップへ