会社を辞める・転籍する

会社を辞める
【手続き】
  1. 事業主より健康保険組合に、資格喪失届を提出します。(※個人での届出はいりません)
  2. 保険証を返却してください。

退職すると被保険者の資格を失い健康保険の給付を受けられなくなりますが、本人の意向で引き続き保険給付を受けることができるなどの制度が設けられています。

下記の該当する制度をクリックすると詳しいページをご覧になれます。


【引き続きJFE健康保険組合に加入するとき】
勤続2ヶ月以上の(退職するまで2ヶ月以上被保険者であった)人が、退職したあと2年間健康保険に加入することができます。
手続き書類は、事業主を経由し健保にご請求ください。
(手続き書類は個人毎に作成しご案内するため、HP内での掲載はありません)

【国民健康保険に加入するとき】
一定の条件を満たす人が資格喪失した場合、保険料を納めなくても、引き続き保険給付を受けられる場合があります。
     
退職後、一定の条件を満たす人は65歳までの間は在職時と同じ給付を受けることができます。
(平成26年度まで)

転籍する

退職後、引き続いて(1日の切れ目もなく)JFE健康保険組合加盟のグループ会社に転籍する時の健康保険の手続きは、転籍先の事業主が行います。(個人での手続きはありません)

転籍先の事業主より新しい健康保険証の交付を受けられるまでの間は、退職前の健康保険証をそのまま使用して差し支えありません。(前の保険証は新証の交付を受けた後に返却してください)