事故にあった

交通事故などでケガをした場合も、健康保険で治療を受けることができます。

健康保険を使用するときは、すぐに健康保険組合へ連絡を!

自動車事故などの”第三者の行為”によってケガをした場合は、自動車損害賠償責任保険で治療を受けるのが一般的ですが、健康保険で治療を受けることもできます。その場合は、必ず健康保険組合に対し「傷病原因届」を提出しなければなりません。(健康保険施行規則第65条、第三者の行為による被害の届出)

被害者が健康保険の給付を受けた場合、もともと加害者が支払うべき治療費を健康保険組合が負担したことになりますので、健康保険組合はその治療費を加害者または保険会社に請求します。この請求に必要な書類が傷病原因届です。

すぐに提出できないときは、口頭や電話で一刻も早く健康保険組合に報告し、後日できるだけ早く正式な書類を提出してください。

【注意1】
業務上および通勤途中においてケガをした場合は、健康保険では給付がうけられませんので、必ず労働者災害補償保険(労災保険)で給付を受けてください。

【注意2】
届け出を怠ったり虚偽の届け出を行った場合は”給付の制限”をうけることがあります。

交通事故等の第三者行為で健康保険を利用したときは、事故発生後速やかに健康保険組合へ下記の書類を提出してください。(提出書類は健康保険組合の窓口及び各事業所担当まで)

■提出書類一式(交通事故証明書以外)

  1. 傷病原因届
  2. 交通事故証明書
  3. 念書
  4. 確約書
  5. 事故発生状況報告書