会社を辞めた後の任意継続

被保険者が退職すればその資格を失いますが、引き続き当組合の被保険者として継続加入することを希望すれば、「任意継続被保険者」になることができます。任意継続被保険者となれる期間は2年間です。

任意継続被保険者の加入要件

資格喪失の日の前日(退職日)まで引き続き2カ月以上被保険者であったこと

手続き方法

資格喪失(退職)後20日以内に「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書類」を健康保険組合に提出。(20日以内の手続きには、保険料の納付も含みます。)

手続き書類は、事業主を経由し健保にご請求ください。
(手続き書類は個人毎に作成しご案内するため、HP内での掲載はありません)

保険給付等

任意継続被保険者となった人は、在職中(被保険者であったとき)と同じく、健康保険の各種制度(法定給付及び付加給付等)が受けられます。

任意継続被保険者には傷病手当金・出産手当金は支給されません。ただし、一般保険者であるときに支給事由が発生した場合、一定の要件を満たしていれば、任意継続被保険者になった後でも、支給されます。

保険料

任意継続被保険者の保険料は、事業主負担がなくなりますので、全額自己負担となります。保険料の額は、退職時の標準報酬月額か健康保険組合の全被保険者の平均標準報酬月額(前年度の9月30日現在)のどちらか低い方の額に保険料率をかけて算定された金額、となります。

保険料の決め方・国民健康保険に加入した場合との保険料比較等はこちら>>

保険料の納付

保険料はその月の10日(郵便局が休業日の場合は翌営業日)にゆうちょ銀行振替口座から引去ります。引去りが出来なければ、被保険者資格を喪失することになります。