大王製紙健康保険組合 HOME サイトマップ 診療案内 年間休館予定表 健診予定人数表
プロフィール健保のしくみこんなときどうするの?保健・福祉届出・申請方法Q&Aその他けんぽだより健康相談



平成28年度の特定健診のご案内及び受診券を、今年度末(平成29年3月末)までに40歳〜75歳を迎える方を対象に、5月にご自宅に郵送いたしました。
自らの健康管理のため、積極的に受診しましょう。


健康診断受診ガイドブック(全体版)

・健保会館の近くにお住まいの方へ(P3〜8)

  ※四国中央市、新居浜市、西条市、三豊市、観音寺市、三好市、三好郡、美馬市

・健保会館から遠方にお住まいの方へ(P9〜12)

・再検査費用補助等のお知らせ(P13、14)

・パート先等で健診を受けられた方(P15)

  出先健康診断補助申請書/ 問診票/ 出先再検査料個人負担分補助申請書/
  出先インフルエンザワクチン予防接種料個人負担分補助申請書

  2017年度版家族健康診断のご案内
  受診券発行依頼書


・当健保組合の実施計画について

  第2期 特定健康診査等実施計画


大王製紙健保会館で特定健診を受診できない方は、大王製紙健康保険組合が契約している外部医療機関を利用することができます。
契約医療機関には、集合契約Aタイプ(健康保険組合連合会契約健診機関)、集合契約Bタイプ(都道府県契約健診機関)の2つがあります。大王製紙健康保険組合の加入者はAB両タイプの医療機関を利用することができます。
※医療機関の事情により、変更されている場合もありますので、予約時に電話等で集合契約による受診が可能かどうか予めご確認ください。
(表1)特定健診項目
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積により、糖代謝異常(糖尿病等)、脂質代謝異常(高脂血症等)、高血圧などの動脈硬化の危険因子が、一個人に集積している状態をいいます。

健康保険組合以外で健診を受けた場合でも上記特定健診項目について結果データを提供することにより、特定健診を受けたことになります。
 
特定保健指導とは?
特定保健指導は、対象者が健診結果から自らの健康状態を把握し、生活習慣改善のための行動目標を自ら設定・実施できるよう、医師、保健師等による個々人の特性やリスクに配慮した支援を行います。
特定保健指導対象者の選定方法により「動機付け支援」「積極的支援」に該当した方に対し実施されます。(表2参照)
動機付け支援 個別面接または、グループ支援を原則1回行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り行動目標を立て行動に移し、その生活が継続できることを目指した支援。6ヶ月後に通信等(電話・eメール・ファックス・手紙等)を利用して評価を行います。
積極的支援 動機付け支援に加え、3ヶ月以上の定期的・継続的な支援(電話・eメール・ファックス・手紙等を利用)を行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り行動目標を立て行動に移し、その生活が継続できることを目指した支援。6ヶ月後に通信等を利用して評価を行います。
 
特定健診・特定保健指導実施のながれ
被保険者の特定健診については、事業所が実施する定期健康診断結果のうち特定健診項目分を健康保険組合が受け取ることにより、特定健診を受けたことになります。
当健保組合の特定健診契約健診機関(集合契約)の検索はこちら

健康保険が変わりますトップページへ


前のページへ戻る このページの一番上へ
サイトマップお問い合せトップページへ
(c)大王製紙健康保険組合