医療費控除の提出書類が簡略化されました。

平成29年税制改正において、医療費控除の申告時に必要な添付書類が変更となりました。
平成30年1月以降に申告する場合、「医療費控除の明細書」を作成し確定申告書に添付しなければなりませんが、平成29年1月診療分(※)以降に健康保険組合が発行する「医療費通知」がある場合は、「医療費控除の明細書」の記載を省略することができます。

○「医療費通知(医療費のお知らせ)」の請求方法は下記のとおりです。

  1. 証明願「4.医療費通知」に○印をつけて、必要事項記入の上、事業所を通じて健保組合宛請求ください。
    医療費通知(医療費のお知らせ)証明願
  2. 健保組合にて受理後「医療費のお知らせ」を本人様宛に郵送します。
  3. ただし、「医療費のお知らせ」は、平成29年1月診療分〜11月診療分です。
    平成29年12月分は「医療費控除の明細書」に記載して申告してください。
    国税庁 医療費控除の明細書

※平成29年1月診療分以前の医療費控除を受けようとする場合は従来通り領収書の添付が必要となります。

※e-tax等のご利用の場合は当組合ホームページから「e-tax」連携用データをダウンロードしてご利用できます。

<主な注意事項>

・支払った金額がお手元の領収書と異なる場合には、領収書の額に修正してご利用ください。その場合該当する領収書は申告者自身に5年間の保存義務が生じます。

・「医療費通知」に医療機関名称等が記載されていない等の場合は補記してください。

・「医療費通知」の注意書きに医療費控除に使用できませんと記載されていても平成29年1月以降に診療を受けた分の「医療費のお知らせ」は医療費控除に使用できます。

その他の注意事項等については、国税庁タックスアンサー等でご確認ください。

国税庁タックスアンサー

○No1120
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1120.htm

○所得税関係-確定申告関係
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/shotoku.htm