被扶養者及び任意継続被保険者特定健診の実施について

本年4月1日現在の在籍者で、40歳以上75歳の誕生日をむかえる加入者を対象に、メタボリックシンドロームに着目した特定健診及び特定保健指導の実施が、各医療保険者に義務付けされました。従来市区町村で実施されていました、住民健診の基本健診は、国民健康保険の被保険者のみ受診できるようになり、他の医療保険者の被扶養者は受診できなくなりました。(基本健診以外のがん検診等は受診可能ですので、各市区町村にお問い合わせください。)
当健保組合としまして、下記の要領で特定健診を実施いたします。