健保のしくみ

出産育児一時金 受取代理制度について

1.受取代理制度とは

受取代理とは、被保険者(被扶養者)が出産する医療機関等を代理人と定め、出産育児一時金の受け取りを医療機関等に委任する制度です。
これにより、直接支払制度を導入していない小規模な医療機関等で出産する被保険者(被扶養者)においても、出産費用と出産育児一時金との差額だけを医療機関等に支払うことになりました。
ただし、この制度を利用するには事前申請が必要となります。

2.受取代理制度の流れ

直接支払制度の流れ

「出産育児一時金・付加金請求書」 

PDF

記入例(本人)

PDF

記入例(家族)

PDF

3.申請について

「出産育児一時金等支給申請書(受取代理用)」を出産予定日の1ヵ月程度前に事業所へ提出してください。
※必ず出産医療機関等(受取代理制度導入機関)において、「出産育児一時金請求書(受取代理用)」受取代理人欄の記入依頼をしてください。

受取代理提出施設一覧 

PDF

4.その他

  • 出産予定の医療機関等へ対応制度の確認をしてください。(直接支払制度対応の医療機関等および海外での出産では受取代理制度は利用できません。)
  • 当健保組合から医療機関等への直接支払額は42万円(または42万円+付加金)までです。ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関等で分娩される場合は、40.4万円(または40.4万円+付加金)となります。
  • 医療機関等への支払額が出産育児一時金よりも少なかった場合は、後日事業所を経由して差額が支給されます。
  • 資格喪失後(6ヶ月以内出産)に出産育児一時金を申請する場合は、味の素健保組合か現加入の健保組合のいずれかを選択できますので、請求前に現加入の健保組合に出産育児一時金額の確認をすることをお勧めします。(現加入の健保組合には付加金が設定されていることがあります。)
  • 救急搬送などにより、予定していた医療機関等以外で出産することとなった場合には、諸手続きがございますので、健保組合までご連絡ください。

直接支払制度の流れ

「出産育児一時金等受取代理申請取下書」 

PDF PDF

「受取代理人変更届」 

PDF PDF
関連ページへのリンク
関連ページへのリンク /終わり

ページTOPへ